投資ガイド

5月29日の米国株市場(反発、S&P500終値過去最高値を更新)

  • S&P 500: 1920.03  +10.25  0.54%
  • Dow 30: 16698.74  +65.56  0.39%
  • Nasdaq: 4247.95  +22.87  0.54%
  • 10Yr Note: 2.4470  +0.009
  • VIX: 11.57  -0.11
  • Crude Oil: 103.37 -0.21
  • Gold: 1257.90  +0.80

米国第1四半期GDP改定値は-1.0%とマイナス修正されましたが、新規失業保険申請件数(週次)が30万件と予想より大幅に改善されたことを好感、主要指数はそろって上昇で引けました。S&P500は終値で過去最高値を更新しています。

アップル(AAPL)+1.82%
ビーツ・エレクトロニクス社買収発表を引き続き好感

アバクロンビー・アンド・フィッチ(ANF)+5.75%
四半期決算が予想ほど悪くなかったことを好感
(参考:有名人御用達の「アバクロ」http://www.abercrombie.com/

来週は、ECB理事会(5日)と米国雇用統計(6日)と超大物が2日連続で続きます。
来週のECB理事会は、もし政策金利の小幅利下げ(0.25%→0.15%?)のみでも、今後の段階的金融緩和(量的緩和など)に含みを持たせることができれば、「バイ・オン・ファクト」は大きくならずに、ユーロ安が継続されると予測します。

「年内は一旦(来年米国が利上げする前に)ドル円は100円を割る」と予測するアナリストが増えてきました。

ドル円は101.50-60付近、ユーロ円は138円前半、ユーロドルは1.36近辺で推移しています。