投資ガイド

消費者信頼感指数とは?

消費者信頼感指数(Consumer Confidence Index:CCI)とは、その国の経済に対する消費者の消費マインド(態度や期待)に関する指数です。

「小売売上高」の解説でも述べたように、米国は個人消費がGDPの約7割を占める消費大国であることから、米国の個人消費のトレンドを知ることは、米国の景気の良し悪しを予測する上で重要視されています。

米国の消費者信頼感指数には、以下の2種類があります。


コンファレンス・ボード消費者信頼感指数
http://www.conference-board.org/data/consumerconfidence.cfm

公表時期:毎月最終火曜日(米国東部時間10:00)に前月分を公表
「コンファレンスボード」(全米産業審議委員会、民間の調査機関)が公表するもので、 5,000世帯を対象に、現在(経済・雇用状況)と、6ヵ月先(経済・雇用・所s得)の景況感に対するアンケートを行い、現状の2項目の平均を「現状指数」、6ヶ月先の3項目の平均(季節調整)を「期待指数」として、この5項目の平均値で公表されます。
1985年の指数を100として算出します。
対象者が5000世帯と、下記のミシガン大学消費者信頼感指数の対象よりも多いため、現状の景況感を測る上でより信頼性が高いと言われています。
欠点は、最終火曜日に前月分公表と、公表時期が遅い点です。


ミシガン大学消費者信頼感指数(通称:ミシガン・センチメント)
http://www.sca.isr.umich.edu/

公表時期:第2または第3金曜日に前月分の速報値、最終金曜日に確定値を公表
ミシガン大学消費者信頼感指数(University of Michigan Consumer Sentiment Index, “Michigan Centiment”)は、ミシガン大学サーヴェイ・オブ・コンシュマー(University of Michigan Surveys of Consumers)とトムソン・ロイター社が月次で公表する、消費者信頼感指数です。
1964年の指数を100として算出します。

アンケート対象者の人数は、速報版が300人、確定版が500人と、コンファレンスボード消費者信頼感指数の5000人よりも少ないため、指数のブレが大きいのが特徴です。ただし、ミシガン・センチメントの速報値は、コンファレンスボード消費者信頼感指数よりも先行して公表されるのがポイントです。

米国の消費者マインドの把握については、まず、第2または第3金曜日に公表されるミシガン・センチメント速報値でざっくりしたトレンドを推測し、最終火曜日に公表されるコンファレンスボード消費者信頼感指数で確認する、というかたちで、2つの指数を総合的に使用することが適切です。