投資ガイド

KO:コカ・コーラ

社名:The Coca-Cola Company
社名:コカ・コーラ
ティッカー:KO
業種:Consumer, Non-cyclical, Beverages, Beverages-Non-alcoholic
取引所:NYSE
本社:One Coca-Cola Plaza Atlanta, GA 30313
決算日:12月31日
従業員:150,900 (2012年12月31日)
会社URL:http://www.thecoca-colacompany.com
HP_KO

事業:200カ国以上で500以上のノン・アルコール飲料のブランドを展開する世界最大の飲料会社。清涼飲料水の他、ミネラルウォーター、ジュース、茶、コーヒー、スポーツドリンクなども展開。世界の5大清涼飲料水ブランドのうち4つを所有(Coca-Cola, Diet Coke, Fanta and Sprite)。1892年ジョージアで創業、1919年デラウェア法人として設立。

(百万ドル)
2012-DEC
2011-DEC
2010-DEC
(参考)キリンHD
H24年12月期:百万円
(参考)アサヒGH
H24年12月期:百万円
収益(売上高)48,01746,54235,1192,186,1771,579,076
税引前利益10,77911,45814,207133,59299,840
当期純利益(親会社帰属)11,8098,58411,7875,619857,183
固定資産償却費9,0191,9541,44314,636269,917
支払利息1,98241773322,8274,043
EBITDA
(注)当サイトによる簡便計算で、会社公表値ではありません。
14,18813,82916,383302,781173,800
総資産86,17479,97472,9242,951,0611,732,187
資本33,16831,921313171,153,901726,879
営業活動によるキャッシュ・フロー10,6459,4749,532212,061109,292
投資活動によるキャッシュ・フロー-11,404-2,524-4,405-48,379-134,319
財務活動によるキャッシュ・フロー-3,347-2,234-3,465-160,00843,002
売上高純利益率18.8%18.4%33.6%2.6%3.6%
売上高EBITDA比率
(注)当サイトによる簡便計算で、会社公表値ではありません。
29.5%29.7%46.6%13.8%11.0%
希薄化後EPS1.971.852.5557.31122.67
配当金1.020.940.882928
ROE27.2%26.9%37.6%4.9%8.8%
ROA10.5%10.7%16.2%1.9%3.3%
自己資本比率38.5%39.9%42.9%39.1%41.9%
実績PER
(Yahoo:28MAR2013)
20.53
予想PER
(Yahoo:28MAR2013)
17.36
5年平均配当利回り(Yahoo)2.90%
PEGレシオ
(Yahoo:28MAR2013)
2.11
EV/EBITDA倍率
(Yahoo:28MAR2013)
14.87

★圧倒的な国際ブランド力によって、財務数値の面でも「超」優良企業であることがわかります。日本の同業大手企業との比較でも、収益力の差は歴然です(M&Aが盛んな業界ですので、日本基準では均等償却するのれん償却費の影響を除外するEBITDAの比較が有効です)。
地域によって業績変動がありますが、200カ国以上の世界の成長を長期で取り込んでいく企業で、ウォーレン・バフェット氏の中核銘柄の一つです。何10年か前からこのような銘柄に積立投資して、配当を複利でまわしておけばなあ・・と思います。もう遅いですかね。(ま、気を取り直して、「次世代のコカコーラ」銘柄を探すことにします。)

2013年3月末時点、PERでは大体市場平均の水準ですが、PEGレシオ、EV/EBITDA倍率、MACDやストキャスティクスでは割高といえる水準です。「Sell in May」で市場が調整すると少し割安になるでしょうか。

日足1年チャート
KO-daily1

月足5年チャート
KO-monthly1

 

2013年第1四半期決算(16APR2013公表)

純利益:1.75Bドル(EPS 0.39)
前年同期2.05Bドル(EPS 0.45)から減少

営業日の数が前年より2日少なかったことが減益要因
一時項目を除いたEPSは0.46ドル、アナリスト予想平均の0.45ドルを上回った。
売上高は前年同期比1%減の11.04Bドル。為替差損のほか、再フランチャイズ化による売上げが減少。
ただし販売量は4%増加。
地域別の販売量は、北米が1%増、中南米が1%増、太平洋地域が3%増、ユーラシア・アフリカ地域が15%増。欧州の販売量はほぼ横ばいとなったが、前年第4四半期からは改善。