LULU:ルルレモン

社名:ルルレモン・アスレティカ
社名:Lululemon Athletica Inc
業種:Consumer, Cyclical, Retail, Retail-Apparel/Shoe
取引所:NASDAQ TSX
本社:2285 Clark Drive Vancouver, BC V5N 3G9 Canada
決算日:2FEB2013
会社URL:http://www.lululemon.com
HP_LULU

事業:
カナダ、バンクーバーに本社を置く、ヨガ、ダンス、ランニングなどの女性用フィットネスウェアのデザイン及び販売を主に北米及び豪州で展開する会社。「セレブ御用達ヨガウェア」のイメージで、創業1998年から急成長。男性および若年女性にも対象を拡大中。2013年2月現在、カナダ(51店)、米国(135店)、オーストラリア(23店)、およびニュージーランド(2店)で211店舗を展開。(過去に日本にも一度上陸したが、2年ほどで撤退)

[table id=6 /]

★この会社を知らないおじさんは、奥さんや彼女にバカにされますよ!
スタイリッシュなブランドを確立して創業から短期で急成長中、ヨガウェアというニッチなビジネスドメイン、高い利益率、各店舗の規模が小さく、毎期の出店数で成長の予測がしやすい、というまさに個人投資家好みの銘柄です。(日本株でいえば、業種が違いますがトリドール(丸亀製麺)とかJIN(メガネ)のような感じでしょうか)。主にアジアで外部生産委託、無借金経営です。
2013年3月、リコール問題(ヨガパンツ)が発生して株価は調整しています。その後、このリコール問題の影響を考慮した次期業績予想が会社から発表されています。(2014年1月期事業年度の予想売上は16億15百万ドル~16億40百万ドル、予想EPS(希薄化後)は1.95ドル~1.99ドルの増収増益)

上記リコール発生後の主要な指標を、同業他社とくらべてみたのが下表です(2013年4月2日時点、出所はYahoo Finance)。株価急落後でもPERは依然として他社比高い人気株です。ただしPEGレシオでみれば割安といえる水準にも見えます。
リコールの影響とか、今後のこのビジネスドメインが世界でどう広がって、この会社がその成長をどの程度とりこんでいくのか、非常に興味深い銘柄です。

[table id=7 /]

日足1年チャート
LULU-daily1

月足5年チャート
LULU-monthly1


タイトルとURLをコピーしました