投資ガイド

『米国株.com』へようこそ

当サイトでは、個人投資家の目線で、国際分散投資に役立つ米国株・米国ETF・米国REIT・FXなどの情報を提供していきます。

米国市場は、世界最大の時価総額、高い流動性によって定量的な分析がしやすく、また住宅市場や雇用の回復の兆しなど、量的緩和縮小開始の見通しの中で期待がもてる状況にあります。長期的にも、米国は移民政策によって2050年頃までは労働年齢人口が増加し、また海外からの人材の輸入が技術力を支えている点や、エネルギー革命も投資のポイントでしょう。

日本の証券会社でも米国株・米国ETFの取扱が増加中ですし、また他通貨への分散の点でも、米国株等の勉強を始める好機だと思います。よろしくお願いします!


Live World Indices are powered by Investing.com.
2013年10月の主要日程
1(火) 米国の財政問題の影響で米・政府機関が一部閉鎖中
2(水) ADP雇用統計
予想:18万人、結果:16.6万人
3(木)~4(金) 日銀金融政策決定会合
4(金) 米9月雇用統計:公表延期
9(水) FRB新議長イエレン氏(大統領指名)
11(金) 日本オプションSQ
8月米Retail sales
10月米Michigan Sentiment・速報値
12(土) 中国9月貿易収支
輸出:0.3%減少、輸入:7.4%増加
14(月) コロンブスデー:債券・外為市場は休場、株式市場はオープン
16(水) ベージュブック(米地区連銀経済報告)
17(木) 9月米Building Permits、Huising Starts
18(金) 中国GDP(7~9月期)
21(月) 9月米中古住宅販売件数
22(火)
9月米雇用統計

失業率:予想:7.3%、結果:7.2%、前回値:7.3%
NFP:予想:18万人 、結果:14万8000人、前回値:19万3000

24(木) 9月米新築住宅販売件数
29(火) 8月S&Pケース・シラー住宅価格指数
10月米消費者信頼感指数
米FOMC(~30日)
2013年9月の主要日程
2(月) 米レイバーデイ(米市場休み)
3(火) ISM製造業指数 55.7
4(水) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
4(水)~5(木) 日銀金融政策決定会合
5(木) ADP雇用統計 17.6万人
5(木)~6(金) G20首脳会議
6(金)
日本時間午後9時30分
米雇用統計(かつてない注目度!)
NFP15万人以下または20万人超ならサプライズ
NFP16.9万人(前回修正値10.4万人),失業率7.3%
アノマリー「ジブリの法則」
7(土) オーストラリア総選挙
野党保守勝利、6年ぶり政権交代(法人税率引下げ予定。低金利政策で、豪ドルの調整はもう5ヶ月目。最大貿易相手国の中国の景気次第)
7(土)
日本時間8日午前5時
2020年夏季五輪決定
祝TOKYO 2020!!(よかったよかった。日本株もNISAも救われましたかね)
滝川クリステルさんのプレゼン「OMOTENASHI」
8(日) 中国貿易統計
8月:輸出+7.2%、輸入+7.0%
9(月) 日本GDP(4~6月期改定値)
実質GDP前期比0.9%増、年率3.8%増(8月速報値は、前期比0.6%増、年率2.6%増)
9(月) 米議会再開(シリア軍事介入採決か)
今週・来週は、「シリア」と「Fed」で荒い値動きに注意
9(月)~ オバマ大統領が次期FRB議長候補を発表?
イエレン氏(ハト派)VSサマーズ氏(タカ派)
10(火) 中国鉱工業生産 前年比(8月)予想:9.9%、結果:10.4%
中国小売売上高 前年比(8月)予想:13.3%、結果:13.4%
10(火) オバマ大統領演説
シリア問題:外交を優先、攻撃準備は維持、議会採決の延期要請
ダウ30入替
【新規採用:VNKEGS】【除外:AAHPQBAC
11(水) 英失業率
8月 前回:4.3% 今回:4.2%/7月(ILO方式) 前回:7.8% 今回:7.7%
8月 失業保険申請件数 前回:-2.92万件 今回:-3.26万件
(英中銀はILO方式失業率7%を低金利政策維持の目途としている)
12(木) 豪失業率 予想:5.8%、結果:5.8%
雇用者数変化(8月) 予想:1万人、結果:▲1万800人
12(木)
日本時間午後9時30分
米Initial jobless claims(新規失業保険申請件数)
(毎週公表されるものですが、FOMC直前のため今回は非常に重要)
予想:33万件、結果:29万2000件
13(金) 米Retail sales
13(金) 米Michigan Sentiment(ミシガン大学消費者信頼感指数)
16(月) サマーズ氏、FRB議長の突然の選考辞退
17(火)~18(水) FOMCQEの縮小開始延期
22(日) ドイツ総選挙
メルケル氏3選

【米国株(S&P500)日足チャート】


【米国株(S&P500)・日本株(日経平均)の月足チャート】
2009年3月から始まったブルトレンドは、2013年9月で55ヶ月目です。
SP500-NIKKEI-monthly5