11月18日の米国株市場(Dow&SP一時最高値、アイカーン氏警告で終盤に下落)

  • S&P 500: 1791.53  -6.65  -0.37%
  • Dow30: 15976.02  +14.32  +0.09%
  • Nasdaq: 3949.07  -36.90  -0.93%
  • VIX: 13.10  +0.91
  • 10 yr Note: 2.68  -0.03

Dow30とS&P500は、取引時間中に一時最高値を更新、それぞれ節目の16,000ドルと1,800を初めて突破、しかし著名投資家のアイカーン氏が株式市場に対して「very cautious」と警告する発言をしたことで終盤にかけて下落しました。

アイカーン氏は、株式市場に対して「very cautious」であり、多くの企業は本来の体力よりも低い借り入れコストによって利益が水増しされており、市場が「big drop」する可能性がある(could)と発言しました。

テスラ(TSLA)
-10%
ナスダックの売り圧力の象徴的銘柄

ツイッター(TWTR)
-6.5%
格下げを嫌気

タイトルとURLをコピーしました