12月19日の米国株市場(「辛抱強い(patient)」を好感、3日続伸)

  • S&P 500: 2070.65  +9.42  0.46%
  • Dow 30: 17804.80 +26.65  0.15%
  • Nasdaq: 4765.38  +16.98  0.36%
  • 10Yr Note: 2.18  -0.03
  • VIX: 16.49  -0.32
  • Crude Oil: 57.80  +3.44
  • Gold: 1194.50  -0.30

FRBが17日のFOMC後の声明で、「辛抱強い(patient)」アプローチで臨むとしたことを好感、また原油下落で売り込まれていたエネルギー関連株の買い戻しも入り、主要指数は3日続伸で引けています。

FRBは事実上のゼロ金利を「相当な期間」維持としていた文言を削除、一方で利上げ決定には「辛抱強い」アプローチが必要と表現しました。イエレン議長は、「辛抱強い」とは「少なくとも2会合で利上げする可能性が低いことを意味すると説明、つまり利上げ開始は、最も早くて来年の4月ということになります。

ドル円は119.40-50円あたり、ユーロ円は146円前半、ユーロドルは1.22前半で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました