12月23日の米国株市場(英・EU通商交渉やっと合意か?)

おはようございます。

昨日の米国株市場は、流動性が細る中、まちまちの展開でした。ダウ平均は+0.38%、S&P500は+0.07%、ナスダック総合は-0.29%で引けています。大詰めで難航していた英・EUの通商交渉は本日中にも合意する可能性が報道されています。米議会で可決された追加経済対策に対してトランプ大統領が苦言を呈し、直接給付の増額を要請していますが、拒否権行使まで言及しておらず、市場は冷静に受け止めているようです。

実質的に、昨日で今年の相場は終わりですね。市場参加者が少ないので、短期ポジションは持たない方が良いと思います。本日は、米国は短縮取引、明日と月曜は休みです。ちなみに明日25日(金)は、市場が開いているのは日本市場くらいです。

ユーロドルは1.216~1.222の狭いレンジで推移しています。EUとの貿易交渉の大詰めで合意に至りそうなポンドドルは、一時1.357まで上昇、1.351台で終えています。

なお、長期金利は0.945%と上昇、VIX指数は23台、ほぼ変わらずです。
ビットコインは下落、23,300近辺で推移しています。

なお、本日は、以前から予定していた「BDC(Business Development Company、事業開発会社)」の特集記事を始めたいと思います。お時間ありましたら、当サイトに後ほどいらしていただければと思います。

S&P500 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)
1時間足チャートに、日足のローソク足と日足のボリンジャーバンドを同時に表示しています。
青い水平線はウイークリーピボットです。
S&P500は、テクニカル分析が最もよく効きます。ウイークリーピボットがよく効いているのをご確認ください。

ナスダック100 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)

ラッセル2000 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)

EURUSD 1時間足(クリックで拡大できます。)

【昨日の米国市場】
DJI: 30,129.83 (+114.32,+0.38%)
S&P500: 3,690.01 (+2.75,+0.07%)
Nasdaq Composite: 12,771.11 (-36.80, -0.29%)
Nasdaq100: 12,653.14 (-64.43, -0.51%)
Russel2000: 2,007.10 (+17.22, +0.87%)
Gold Future: 1,877.30 (+7.00)
Oil Future: 48.06 (+1.04)
US10Y: 0.945% (+0.027)
VIX: 23.31 (-0.92)
BTC/USD 23,313 (-507)

【本日の経済指標】
主要な経済指標はありません

【本日の決算発表】
主要な決算発表はありません

タイトルとURLをコピーしました