1月22日の米国株市場(インテルとIBM、事業変革の兆しが無く失望売り▼9%。EVステーションのEVgo上場間近か)

おはようございます。

昨日の米株市場は、インテルとIBMが、事業モデルの変革の兆しが無いことでそろって9%以上の下落。一方でEV充電ステーションのEVgoとの合併が近いSPACが+65%の急騰。新陳代謝の激しい米株市場を象徴するような相場でした。

昨日の米国株市場はまちまちの展開、ダウ平均は-0.57%で続落、S&P500は-0.3%、ナスダック総合は+0.09%でした。米国10年債利回りは、1.0865%に下落しています。

好調な決算で今週序盤に株価が上昇していたインテルは、ゲルシンガー次期CEOが「2023年製品の大半が内部で生産される」と語ったことで市場は失望、▼9.3%の下落でした。サードポイント(アクティビスト、物言う株主)からは、会社分割や資産売却を含む戦略的選択肢を検討するよう求められているほか、市場は外部委託を増やすかどうかに注目していましたが、同氏の発言からはそうしたビジネスモデル変革の材料がありませんでした。一方、同社のライバルAMDは、同氏の発言を受けて+1.38%と上昇しました。

一方でTSMCやASMLは絶好調。今年の相場の主役は、半導体セクターでしょうかね。

今週のインテル株の乱高下
(日足チャートです。クリックで拡大できます。)

IBMが低迷する決算を受けて▼9.9%。昨年第4四半期は売上高が前年比で▼6.8%、10四半期連続の(対前年比)減収となり、ガイダンス公表も見送られました。同社は経営資源をクラウドやAIへ注力する方針を示していますが、ビジネスモデル変革の進展が見られていません。

SPACの「Climate Change Crisis Real Impact I Acquisition Corporation (CLII)(気候変動危機リアルI)」が64.9%の急伸。EVの充電ステーション事業を手掛けるEVgoサービシズが同社と合併し上場することで合意に近づいていると報じられました(関連記事はこちらです。

為替市場では、ややリスクオフの展開で、ドル・円・スイスフラン・ユーロが強く、リスク通貨(カナダドル・豪ドル他)が弱い展開でした。ユーロドルは底堅い展開で1.217近辺で終えています。ドル円はドル買いが勝り103.7近辺で終えています。

VIX指数は21台、ビットコインは32,000ドル台で推移しています。

みなさん、良い週末をお過ごしください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村(よろしければ応援のポチをお願いします!)

SP500, Nasaq100, Russel2000, EURUSD 1時間足チャート
(クリックで拡大できます。)

GBPUSD, USDCNH(中国元), 金, ビットコイン 1時間足チャート
(クリックで拡大できます。)

【昨日の米国市場】
DJIA: 30,996.98 (-179.03, -0.57%)
S&P500: 3,841.47 (-11.6, -0.3%)
Nasdaq Composite: 13,543.06 (+12.15, +0.09%)
Nasdaq 100: 13,366.40 (-38.59, -0.29%)
Russel 2000: 2,168.76 (+27.34, +1.28%)
Gold Future: 1,855.50 (-10.4)
Oil Future: 51.98 (-1.15)
US10Y: 1.086% (-0.021)
VIX: 21.91 (+0.59)
BTC/USD: 32,355.99 (-624.61)

【本日の主要な経済指標】

【本日の主要な決算発表】

市況・相場分析
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄13種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました