相場分析 2021-03-20(ダウ反落、ナスダック買い戻し。SLRの条件緩和は今月一杯で終了、銀行株が下落。フェイスブック△4%、ビザ▼6%)

相場の概況

おはようございます。
ダウ平均は▼0.71%の反落、S&P500は▼0.06%とほぼ横ばい、ナスダック総合は△0.76%のプラス引けでした。

金融機関向けの「補完的レバレッジ比率(SLR)」の条件緩和措置が今月一杯で終了、金融セクターが下落しました。一方IT・ハイテク株は買い戻し優勢の展開でした。

【昨日の相場の概況】
株価指数:ダウ平均: 32,627.97 (▼234.33, ▼0.71%)
株価指数:S&P500: 3,913.10 (▼2.36, ▼0.06%)
株価指数:ナスダック総合: 13,215.24 (△99.07, △0.76%)
株価指数:ナスダック100: 12,866.99 (△77.85, △0.61%)
株価指数:ラッセル2000: 2,287.55 (△19.96, △0.88%)
個別銘柄:GOOG:アルファベット: △0.34%
個別銘柄:AAPL:アップル: ▼0.45%
個別銘柄:FB:フェイスブック: △4.12%
個別銘柄:AMZN:アマゾン: △1.55%
個別銘柄:MSFT:マイクロソフト: ▼0.16%
個別銘柄:TSLA:テスラ: △0.26%
個別銘柄:ARKK:ARKイノベーション: △1.91%
為替:ユーロドル:1.1903 (▼0.0012)
為替:ドル円:108.87 (▼0.01)
為替:ポンドドル:1.3874 (△0.0006)
為替:豪ドル米ドル:0.7742 (▼0.0014)
その他:ビットコイン/ドル:58,392.17 (△335.7)
その他:金先物: 1,743.90 (△11.4)
その他:原油WTI先物: 61.44 (△1.44)
その他:米10年債利回り: 1.73% (△0.001)
その他:VIX指数: 20.95 (▼0.63)

金融セクターが下げを主導しました。FRBは、パンデミック対応で導入していた金融機関向け「補完的レバレッジ比率(SLR)」の条件緩和措置を今月一杯で終了すると発表したことが嫌気され、金融セクターが売られました。SLRは金融機関に対する自己資本比率規制の1つで、分子に中核的自己資本(ティア1)、分母には貸し出しのほか国債などの保有有価証券、デリバティブ取引のエクスポージャー額などを入れて計算するもので、金融機関からは期限延長の要請が出ていました。今回の緩和措置終了により、金融機関が自己資本比率を上げるために、分母に含まれる米国債を売却するのではとの見方から米国債が売られ、利回りは再び急上昇しました。

一方、IT・ハイテク株は値ごろ感からの買い戻しも入り、ナスダックはプラスで引けました。フェイスブックは△4.12%の上昇。ザッカーバーグCEOが、同社の広告収入に影響を与えるアップルの新しいプライバシー方針の影響について、「状況を乗り切ることができると確信している」と述べ、「当社は良い立場に立つことができ、より強い立場にいる可能性さえある」と言及したことが好感されました。

ARKイノベーションETF(ARKK)は、△1.9%の上昇でした。

ビザが ▼6.24%の急落。「米司法省がデビットカードの慣行を巡りビザを調査している」との報道が嫌気されました。同省の反トラスト局は、同社は安価なカードネットワークを介して加盟店のデビットカード取引のルーティング能力を制限していないかを調査している、と報道されています。

3Qの決算発表をしたナイキは、EPSが予想を上回ったものの、売上高が予想を下回ったことが嫌気され、▼3.97%の下落でした。欧州の感染状況が売上に影響しました。

WTI原油先物相場は61ドル台まで回復、VIX指数は20台で推移しています

なお為替市場では、前日に政策金利を市場予想以上に引き上げたトルコリラが、引き続き急上昇しています。
(追加)本日20日、トルコのエルドアン大統領が中央銀行のアーバル総裁を解任、と報道されています。

目次に戻る

S&P500株価指数CFD(1時間足チャート)の分析

S&P500は、ほぼ横ばいで推移、ただし20日平均線の上で推移しています。

目次に戻る

S&P500構成銘柄の値上がり率・値下がり率ランキング

【値上がり率ランキング】
FDX: FedEx Corp: △6.1%
OXY: Occidental Petroleum Corp: △5.56%
DG: Dollar General Corp: △5.02%
TGT: Target Corp: △4.42%
ENPH: Enphase Energy Inc: △4.36%
BBY: Best Buy Co Inc: △4.24%
FB: Facebook: △4.12%
XEC: Cimarex Energy Co: △3.23%
MRO: Marathon Oil Corp: △3.18%
MCHP: Microchip Technology Inc: △3.14%
WST: West Pharmaceutical Services Inc: △3.05%
AVGO: Broadcom Inc: △3.02%
【値下がり率ランキング】
V: Visa Inc: ▼6.24%
CB: Chubb Ltd: ▼5.29%
TRV: Travelers Companies Inc: ▼4.8%
AIRC: Apartment Income REIT Corp: ▼4.38%
EXR: Extra Space Storage Inc: ▼4.35%
AJG: Arthur J Gallagher & Co: ▼4.06%
NKE: Nike Inc: ▼3.97%
ESS: Essex Property Trust Inc: ▼3.73%
UDR: UDR Inc: ▼3.69%
LYV: Live Nation Entertainment Inc: ▼3.65%
PSA: Public Storage: ▼3.53%
NOV: Nov Inc: ▼3.37%

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】

IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!



レバレッジ10倍、下落局面でも利益を狙える楽天の株価指数CFD

セクター別の値上がり率・値下がり率

一般消費財:△0.8%
生活必需品:△0.25%
エネルギー:△0.01%
金融:▼1.2%
ヘルスケア:△0.36%
資本財:▼0.73%
素材:▼0.48%
不動産:▼1.26%
情報技術:▼0.25%
コミュニケーションサービス:△0.8%
ユーティリティ:△0.22%

目次に戻る

主要国株価指数の分析

各国株価指数の2021年年初からの相対比較(日足)

ダウ反落、S&P500は横ばい、一方ナスダックとラッセル2000が反発の展開でした。他の主要指数は総じて弱い展開でした。

各国株価指数の2020年年初からの相対比較(日足)

目次に戻る

主要国10年国債利回り比較の分析

「SLRの条件緩和措置は今月一杯で終了」の報道を受けて、米10年債利回りは1.73%に上昇しています。

目次に戻る

為替市場の分析

各国通貨の2021年年初からの相対比較(日足)
(ドル以外の各通貨は、上方向が対ドルで強いことを意味します。ドルはドルインデックスを使用。)

為替市場では、前日に政策金利を市場予想以上に引き上げたトルコリラが、引き続き急騰しています(1週間物レポ金利を17%から19%に引き上げ)。
(追加)本日20日、トルコのエルドアン大統領が中央銀行のアーバル総裁を解任、と報道されています。


各国通貨の2020年年初からの相対比較(日足)

目次に戻る


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村(よろしければ応援のポチをお願いします!)

コモディティ(商品)市場の分析

WTI原油先物は、61ドル台まで回復しています。
とうもろこし、大豆の穀物系が上昇しています。

目次に戻る

ビットコイン/USD(1時間足チャート)の分析

ビットコインは、日足20日線の上で堅調に推移しています。

目次に戻る

本日の経済指標

目次に戻る

今週の主要な決算発表

18日(木)Nike, FedEx, Dollar General

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

目次に戻る

市況・相場分析
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました