3月19日の米国株市場(イエレン議長会見を受けて反落、ドル急騰)

  • S&P 500: 1860.77  -11.48  0.61%
  • Dow 30: 16222.17  -114.02  0.70%
  • Nasdaq: 4307.60  -25.71  0.59%
  • 10Yr Note: 2.77  +0.09
  • VIX: 15.12  +0.60
  • Crude Oil: 100.50  +0.13

FOMC終了後のイエレンFRB議長の記者会見を受け、利上げ時期が予想より早まるとの観測が浮上、米国株は反落しました。

同議長は、債券購入額は月額で100億ドル減の550億ドル(国債300億ドル、MBS250億ドル)、今秋に資産買い入れプログラムを終了する予想を示し、その6カ月後に金利引き上げを開始する可能性があると述べました。また、フォワードガイダンスについて、「失業率6.5%」の数値基準を撤廃しました。

ドルは急騰、ドル円は102円前半、ユーロ円は141円中盤、ユーロドルは1.38前半で推移しています。

<script type=”text/javascript” src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js” async=””></script><!– 米国株3 –> <ins class=”adsbygoogle” style=”display: inline-block; width: 300px; height: 250px;” data-ad-client=”ca-pub-8771842894616121″ data-ad-slot=”1519949331″></ins><script type=”text/javascript”>// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]></script>

 

タイトルとURLをコピーしました