6月2日の米国株市場(S&P小幅高で史上最高値、ISM2度の訂正に翻弄)

  • S&P 500: 1924.97  +1.40  0.07%
  • Dow 30: 16743.63  +26.46  0.16%
  • Nasdaq: 4237.20  -5.42  0.13%
  • 10Yr Note: 2.5340  +0.077
  • VIX: 11.58  +0.18
  • Crude Oil: 102.52  +0.05
  • Gold: 1243.20  -0.80

ISM製造業景気指数は、当初53.2と予想を下回りましたが、その後に56.0、さらに55.4へ訂正されました。(ソフトウエアが誤って前月分の季節調整要因を使用!?)
結局、ダウ30とS&P500は小幅高で史上最高値を更新、一方ナスダックはマイナスで引けています。

米10年債利回りが上昇、ドルが全面高でした。
ここのところ、GPIFや生保による外国資産投資(為替ヘッジ無し)が増加するとの報道が多くなっており、円安に振れる契機になるかもしれません。

日経平均の目先の動きは、先物主導の海外短期筋ですからあてになりませんね。より参考になるのは、マザーズ指数の日足チャートです(今日で11連騰)。

ユーロ圏PMI(Markit:改定値)は52.2で予想に届かず、またドイツCPI(ドイツ連邦統計庁:全国)は前年比+0.6%と、前月(+1.1%)・市場予想(+1.0%)を大きく下回りました。
これらの指標を受け、5日のECB理事会での追加緩和予想が一段と強まりました。

英製造業PMI(Markit)は57.0で市場予想通り、住宅ローン承認件数(BoE)は6.29万件と予想以上の減少でしたがポンドは堅調でした。

ドル円は102円前半、ユーロ円は139円前半、ユーロドルは1.36近辺で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました