7月3日の米国株市場(雇用統計を好感してダウ17,000台、S&Pも最高値、長期金利はいってこい)

  • S&P 500: 1985.44  +10.82  0.55%
  • Dow 30: 17068.26  +92.02  0.54%
  • Nasdaq: 4485.93  +28.19  0.63%
  • 10Yr Note: 2.65  +0.02
  • VIX: 10.32  -0.50
  • Crude Oil: 104.04  -0.02
  • Gold: 1320.70  +0.10

本日の独立記念日(休場)を前に、1日繰り上がって公表された6月の雇用統計は;

NFP(非農業部門雇用者数増加):+ 288,000人(市場予想:215,000人)
失業率: 6.1%(市場予想:6.3%)

市場予想を大きく上回った雇用統計を素直に好感して全面高、ダウ30ははじめて17,000台に入りました。S&P500指数も最高値を更新、節目の2,000ポイントが近くなってきました。

★ただし10年債利回りが一旦上昇後、ほぼ元の水準まで下落したことに注意が必要です。

ドル円は102.20あたりまで上昇、ユーロ円は138円後半、ユーロドルは1.36近辺で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました