スポンサーリンク

7月30日の米国株市場(まちまち、強いGDPでドル円一時103円台、長期金利2.55%)

S&P 500: 1970.07 +0.12 0.01%
Dow 30: 16880.36 -31.75 0.19%
Nasdaq: 4462.90 +20.20 0.45%
10Yr Note: 2.5540 +0.0920
VIX: 13.33 +0.05
Crude Oil: 99.54 -0.73
Gold: 1296.20 -0.70

主要指数はまちまち、S&Pがほぼ変わらず、ダウが小幅安、ナスダックが小幅高で引けています

ADP雇用統計(7月:前回値:28万1000人)は、21万8000人で市場予想(23万人)を下回りました。
一方、GDP(2Q:速報値・前期比年率・前回値:-2.1%)は、 4.0%と市場予想(3.0%)を大きく上回り、米景気の順調な回復を確認する結果となりました。

FOMC声明は、景気判断を強める一方で、利上げを急がない姿勢を表明しました。

長期金利は2.55%まで上昇、ドル円はトレンドラインを上抜けて103円をタッチしています。
ドル円は102.80円あたり、ユーロ円は137円後半、ユーロドルは1.34近辺で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました