8月15日の米国株市場(まちまち、ウクライナ緊迫報道で急落後に回復)

  • S&P 500: 1955.06  -0.12  0.01%
  • Dow 30: 16662.91  -50.67  0.30%
  • Nasdaq: 4464.93  +11.93  0.27%
  • 10Yr Note: 2.35  -0.06
  • VIX: 13.15  +0.73
  • Crude Oil: 97.24  +1.66
  • Gold: 1305.50  -10.20

ミシガンセンチメント(ミシガン大消費者信頼感指数:8月速報値)は市場予想に届かず(結果 79.2、前回発表値 81.8)、早期利上げ観測を後退させるもので市場は続伸で開始。

その後「ウクライナ領内に入ったロシア軍車両をウクライナ軍が攻撃」とのニュースで急落しましたが、実際の状況が未確認であり、終盤にかけ株価は回復、結局主要指数はまちまちで引けています。S&P500指数は前日比ほぼ変わらず。

10年債利回りは、2.35まで低下しています。
ドル円は102.30円あたり、ユーロ円は137円付近、ユーロドルは1.34付近で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました