8月26日の米国株市場(続伸、S&P終値過去最高値2000ポイント台)

  • S&P 500: 2000.02  +2.10  0.11%
  • Dow 30: 17106.70  +29.83  0.17%
  • Nasdaq: 4570.64  +13.29  0.29%
  • 10Yr Note: 2.3910  +0.0040
  • VIX: 11.63  -0.07
  • Crude Oil:93.79 -0.07
  • Gold: 1281.50  -3.70

当日公表された経済指標がおおむね堅調、主要指数はそろって続伸して引けました。S&P500指数は初めて終値ベースで大台の2000ポイントに乗せました。

耐久財受注(総合)が+22.6%と市場予想を上回り、またカンファレンスボード消費者信頼感指数は92.4と(先日発表のミシガンセンチメントの悪化とは逆に)市場予想を上回りました。
一方S&Pケースシラー住宅価格指数は前年比+8.1%と、(市場予想通り)鈍化基調が続いています。

ドル円は104円台に戻りました。
ドル円は104.10円あたり、ユーロ円は137円あたり、ユーロドルは1.31後半で推移しています。
(ドル円が104円台になると、トップページの『美女為替』の女性が「あ、この子久しぶり」となりますね)

タイトルとURLをコピーしました