8月27日の米国株市場(薄商いの中ほぼ変わらず、今後の急落の話題ちらほら)

  • S&P 500: 2000.12  0 0%
  • Dow 30: 17122.01  +15.31  0.09%
  • Nasdaq: 4569.62  -1.02  0.02%
  • 10Yr Note: 2.3610  -0.03
  • VIX: 11.78  +0.15
  • Crude Oil: 93.74  -0.14
  • Gold: 1285.00  +1.60

目立った経済指標の発表が無く薄商いの中、主要指数はほぼ変わらずで引けました。
(S&P500が2000ポイント台に乗せた「達成感」で、今後の米国株市場の急落リスクを示唆する話題がちらほらと・・・。バンカメ・メリルの8月のファンドマネジャー調査では、今後3カ月の間に株価が急落する可能性に備えているという回答が08年10月以降で最多のようです。PERから見ると適正な水準なんですけどね。とにかく要注意です。米国株も(波及してすごく下げると予想する)日本株も、ポジションを減らした方がいいように思います。今は、ドル円やポンド円などFXの方が安全かと思います。)

ティファニー(TIF)+0.97%
米国内が好調で四半期増益、および通期見通し引き上げを好感

来週月曜日は、米国はレーバーデーでお休みです。

ドル円は103.70-90円あたり、ユーロ円は136円後半、ユーロドルは1.31後半で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました