8月5日の米国株市場(地政学リスク懸念・原油下落で急反落)

  • S&P 500: 1920.21  -18.78  0.97%
  • Dow 30: 16429.47  -139.81  0.84%
  • Nasdaq: 4352.84  -31.05  0.71%
  • 10Yr Note: 2.4830  -0.0080
  • VIX: 16.87  +1.75
  • Crude Oil: 97.68  +0.30
  • Gold: 1289.10  +3.80

ウクライナ・パレスチナをめぐる地政学リスクへの警戒により、主要指数はそろって反落で引けました。
また原油先物相場が一時半年ぶりの安値をつけ、シェブロンなどの石油株が売られました。

当日発表のISM非製造業景況指数は、58.7(前回値:56.0)と、米景気の順調な回復を示す結果となり、早期利上げの警戒感を高める結果となったことも相場を下押ししました。

ドル円はISM発表の後一時101.90円あたりまで上昇しましたが、その後いってこいで101.60円あたり、ユーロ円は137円前半、ユーロドルは1.33後半で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました