8月8日の米国株市場(ウクライナ懸念後退で反発)

  • S&P 500: 1931.59  +22.02  1.15%
  • Dow 30: 16553.93  +185.66  1.13%
  • Nasdaq: 4370.90  +35.93  0.83%
  • 10Yr Note: 2.4150  -0.0090
  • VIX: 15.77  -0.89
  • Crude Oil: 97.35  +0.01
  • Gold: 1310.60  -1.90

ロシアがウクライナ国境付近での軍事演習を終了したとの発表を受けて、ウクライナ情勢をめぐる市場の警戒がやや後退、主要指数は反発して引けました。

米軍はイラクで過激派組織「イスラム国」に対する空爆を開始しましたが、米国の景気や企業業績への影響は限られるとの見方が大勢のようです。

ドル円は102円台を回復、ユーロ円は136円後半、ユーロドルは1.34前半で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました