9月11日の米国株市場(まちまち、ドル円107円台)

  • S&P 500: 1997.45  +1.76  0.09%
  • Dow 30: 17049.00  -19.71  0.12%
  • Nasdaq: 4591.81  +5.28  0.12%
  • 10Yr Note: 2.5310  -0.0030
  • VIX: 12.80  -0.08
  • Crude Oil: 93.04  +0.21
  • Gold: 1240.90  +1.90

原油価格が反発したことで関連銘柄が買われ、S&P500は小幅上昇。一方ダウ30は小幅下落、ナスダックは小幅高と主要指数はまちまちで引けています。

新規失業保険申請件数(週間)は315,000件で6月以来の高水準、ただし景気後退前の水準で推移しており、労働市場の環境が大きく変化した兆候でないとの見方。

ドル円は6年ぶりの高値更新、107.10あたりで推移しています。ユーロ円は138円前半、ユーロドルは1.29前半で推移しています。
本日は、8月小売売上高、9月ミシガン大消費者信頼感指数の発表があります。。

タイトルとURLをコピーしました