9月22日の米国株市場(G20の中国財政相発言を嫌気して下落)

  • S&P 500: 1994.29  -16.11  0.80%
  • Dow 30: 17172.68  -107.06  0.62%
  • Nasdaq: 4527.69  -52.10  1.14%
  • 10Yr Note: 2.57  -0.02
  • VIX: 13.69  +1.58
  • Crude Oil: 91.46  -0.95
  • Gold: 1216.00  -1.90

週末のG20において、中国の財政相が、ここのところ不調な経済指標に対して大規模な金融緩和に消極的な考えを示唆したことで、同国経済の先行き不透明感の高まりを嫌気した売りが中国関連銘柄(キャタピラー、ナイキ等)を中心に広がり、主要指数はそろって下落で引けています
ナスダックは▼1.15%の大幅下落です。

朝方発表された中古住宅販売件数(8月)は505万件と、市場予想(520万件)を下回りました。(ただし販売件数の水準は依然今年2番目の高さを維持しています。)

ドル円は108.70-80円あたり、ユーロ円は139円後半、ユーロドルは1.28中盤で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました