9月30日の米国株市場(前日比プラスの時間帯あるも、弱い指標受けて小幅マイナス引け。イーベイ+7.5%)

  • S&P 500: 1972.29  -5.51  0.28%
  • Dow 30: 17042.90  -28.32  0.17%
  • Nasdaq: 4493.39  -12.46  0.28%
  • 10Yr Note: 2.51  +0.02
  • VIX: 16.31  +0.33
  • Crude Oil: 91.45  +0.29
  • Gold: 1208.10  -3.50

主要指数は、取引時間中前日比プラスになる時間帯もあったものの、さえない経済指標を受けて、結局主要三指数はそろって前日比小幅マイナスで引けました。

消費者信頼感指数(コンファレンスボード:9月)は5カ月ぶりのマイナス、S&Pケース・シラー住宅価格指数(7月:20都市)は173.34と市場予想を下回りました。特に住宅関連指標は、先週の新築住宅販売件数(8月)は強い数値でしたが、それ以外の最近の指標は今一つの水準です。

ただし、昨日のユーロ圏HICP(9月:速報値)が予想通り弱く追加緩和が予測されるユーロ圏と対比して、米経済の堅調な回復は総じて明らかで、調整はあるも米株への資金流入が続くとの見方が大勢です。
(※HICPはCPIに相当するユーロ圏固有の呼称です。)

イーベイ(EBAY)+7.54%
傘下の決済事業大手ペイパルの分離発表を好感

本日はADP雇用統計、ISM製造業景況指数が発表されます。
目先注目の香港株市場は、今日・明日が連休です。
ドル円は109.70円あたり、ユーロ円は138円中盤、ユーロドルは1.26前半で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました