IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 ABBV:AbbVie Inc.(アッヴィ)

アッヴィは、2013年に、その時点で125年の歴史を持っていたアボット・ラボラトリーズから研究開発部門がスピンオフして設立された、バイオ医薬品開発の会社です。収益の柱である関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」は世界で最も売れている医薬品ですが、特許切れが迫っていました(欧州では既に特許切れ、米国でも2023年に特許切れ)。ヒュミラ依存から脱却した長期的な成長戦略として、2019年にアイルランドのアラガンを買収、2020年期では世界第4位の製薬会社となる見込みです(コロナ前の予測)。

2020年の2Qは業績の激しい落ち込み、その後2020年10月に発表されたばかりの3Qでは驚きのV字回復、下の業績早わかりチャートで、直近の2四半期の株価と業績の推移をご覧ください。

アッヴィは、アボット・ラボラトリーズの頃から通算すると、2020年で48年連続の増配を続けています。配当狙いの投資家から高い配当利回りが注目される銘柄ですが、振幅の激しいセクターですので「Buy and Study」が重要です。

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年10月16日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました