IG証券
コラム

米国株投資に「アラート機能」を活用してみよう

アラート機能の活用例

TradingViewや各証券会社のチャートアプリには、特定の状態になったときにメールやSMSで知らせてくれる「アラート機能」があります。このアラート機能を使って、米国株投資を効率化する方法を考えてみたいと思います。

忙しくてチャートをあまり見れない人や、監視銘柄がたくさんある人には、アラート機能が特に有効だと思いますね。

たとえば、下のチャートは、マイクロソフト(MSFT)の日足チャートです。(2021年7月9日引け時点)
(クリックで拡大できます。)

チャートの下の方に見える紫色のエリアは、RSIというテクニカル指標を表示しています。
株価とRSIを見比べると、マイクロソフトの場合は、RSIが40を下回ると株価が反転上昇する傾向があります。

そこで、「RSIが40を下回るとアラートで知らせてくれる」と、買いの準備ができるので便利ですね。

(注)
RSIは、一般に「70を超えれば買われすぎ、30を下回れば売られすぎ」ですが、いつもそうなるとは限りません。強いトレンドが出れば、70以上や30以下で張り付くことがありますので、単純にRSIだけを見て投資するのは危険です。マイクロソフトのような長期右肩上がりの銘柄では、RSIの売られすぎ(RSIが低い値)はある程度信頼できますが、RSIの買われすぎ(RSIが高い値)はあまり信用できない、といえます。

目次に戻る

TradingViewのアラート機能の使い方

それでは具体的に、Webベースのチャートアプリ「TradingView」を使って、上のマイクロソフトの例のアラートを設定してみます。

TradingViewの画面右サイドの「目覚まし時計」アイコンが、アラート機能のメニューです。


「アラートを作成」のボタンをクリックします。

新規のアラートを設定する画面で、アラートの時間や方法などの詳細を、設定します。
上の事例のアラートは、以下のように設定するとOKです。

TradingViewのアラートの通知方法には、「(スマホ用のTradingView)アプリに通知」、「ポップアップ通知」、「Eメール」、ブラウザの「サウンド通知」、「EメールからSMSへの通知」などがあります。

アラートの通知方法としては、「(スマホ用のTradingView)アプリに通知」が一番使いやすいと思います。
なお、「EメールからSMSへの通知(Send Email-to-SMS)」は、Docomo(@docomo.ne.jp)などのキャリアメールに対して通知を送付する機能です。

目次に戻る

その他のアラートの設定例

上のマイクロソフトの事例では、RSIが特定に値になったときにアラートを出しましたが、その他に;

  • 株価が特定の水準まで到達したら知らせる
  • 株価が特定の幅以上に(特定の期間に)増減したら知らせる
  • 移動平均線にタッチしたら知らせる

などの使い方が考えられると思います。

ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました