IG証券
コラム

主要な米国株銘柄のベータ(β)値をおさえておこう

長期投資における重要な指標

私は、半導体関連やARK関連に関心が強く、またアクセスも増えるので(笑)成長株の記事が多くなっているのですが、本来の当サイト「米国株.com」の趣旨は、はじめて米国株に投資する方のための投資ガイドです。したがって、バリュー株の長期投資に関する記事も、並行して書いていきたいと思っています。

今回の記事は、長期投資で最も重要な指標の一つである、ベータ(β)値についてです。

ベータ(β)値とは?

ベータ(β)値とは、株式市場全体が増減したときに、個々の資産(株式やETFなど)がどれほど動くか(=感応度)を示す値です。言い換えれば、株式市場の変動に対して、どの程度の相対的リスクを持っているかということを意味します。

米国株のβ値は、S&P500株価指数と比較します。たとえば;

  • 銘柄Aは、S&P500指数と比較して、同じ方向に同じ程度、動きます。この場合、β値はプラス1です。
  • 銘柄Bは、S&P500指数と比較して、同じ方向に1.5倍、動きます。この場合、β値はプラス1.5です。
  • 銘柄Cは、S&P500指数と比較して、同じ方向に0.5倍、動きます。この場合、β値はプラス0.5です。
  • 銘柄Dは、S&P500指数と比較して、逆方向に0.5倍、動きます。この場合、β値は、マイナス0.5です。

銘柄Aは、たとえばETF「SPY」ですね。
銘柄Bは、ボラティリティの高い成長株です。
銘柄Cは、ボラティリティの低いディフェンシブな銘柄です。
銘柄Dは、たとえばインバース型のETFです。
β値が異なるものを組み合わせたポートフォリオにすると、リスクの低減になります。

β値の計算構造を図解すると、以下のような感じになります。

(例)一定期間について、S&P500指数と特定の銘柄の毎月のリターンを下のようにプロットして近似直線(赤線)を求めると、その直線の傾きβ値となります。

主要な米国株銘柄のベータ(β)値をおさえておこう

以下に主要な銘柄のβ値をあげておきます。β値の低いものから順に並べていますが、並べかえも可能です。
β値の基準日:2021年1月21日

ティッカー銘柄名β値
WMTWalmart Inc0.39
DUKDuke Energy Corp0.41
PGProcter & Gamble Co0.43
SOSouthern Company0.44
NEENextEra Energy0.45
VZVerizon Communications0.48
LLYEli Lilly & Company0.50
PEPPepsico Inc0.54
CLColgate-Palmolive Co0.54
TGTTarget Corporation0.59
GILDGilead Sciences Inc0.59
KHCKraft Heinz Company0.61
COSTCostco Wholesale Corp0.62
MRKMerck & Co0.63
TAT&T Inc0.65
EXCExelon Corporation0.67
JNJJohnson & Johnson0.67
MOAltria Group Inc0.70
PFEPfizer Inc0.71
KOCoca-Cola Co0.71
MDLZMondelez International Inc0.73
MCDMcDonalds Corp0.73
BMYBristol-Myers Squibb Co0.73
ORCLOracle Corp0.77
AMGNAmgen Inc0.77
DHRDanaher Corp0.78
WBAWalgreens Boots Alliance Inc.0.80
UPSUnited Parcel Service Inc0.81
ALLAllstate Corporation0.83
TMOrmo Fisher Scientific Inc0.83
LMTLockheed Martin Corp0.85
BRKBBerkshire Hathaway Cl B0.86
ABTAbbott Laboratories0.86
PMPhilip Morris International0.86
BIIBBiogen Inc0.88
CMCSAComcast Corp Cl A0.88
MDTMedtronic PLC0.90
MMM3M Company0.93
CHTRCharter Communications0.94
CVSCVS Health Corporation0.95
ACNAccenture Ltd0.96
SBUXStarbucks Corporation0.98
HDHome Depot Inc0.99
INTCIntel Corp0.99
TXNTexas Instruments Inc1.01
ADBEAdobe Systems Inc1.01
MSFTMicrosoft Corp1.02
UNHUnitedHealth Group Inc.1.02
ABBVAbbVie Inc1.03
GOOGLAlphabet Inc Class A1.05
NKENike Inc Cl B1.06
AMZNAmazon.Com Inc1.06
GOOGAlphabet Inc1.06
DISWalt Disney Company1.07
AAPLApple Inc1.07
VVisa Inc1.07
CSCOCisco Systems Inc1.08
XOMExxon Mobil Corporation1.10
CVXChevron Corp1.11
IBMInternational Business Machines Corporation1.11
GDGeneral Dynamics Corp1.13
UNPUnion Pacific Corp1.14
QCOMQualcomm Inc1.15
JPMJPMorgan Chase and Co1.16
NFLXNetflix Inc1.20
HONHoneywell International1.20
WFCWells Fargo & Company1.20
USBUS Bancorp1.21
FBFacebook Inc1.21
MAMastercard Incorporated1.22
FFord Motor Co1.22
LOWLowes Companies Inc1.24
BKBank of New York Mellon Corporation1.24
KMIKinder Morgan Inc1.25
GEGeneral Electric Co1.28
CATCaterpillar Inc1.29
EMREmerson Electric Co1.30
RTXRaytheon Technologies Corporation1.31
GSGoldman Sachs Group Inc1.33
AXPAmerican Express Co1.35
BLKBlackrock Incorporated1.37
BACBank Of America Corp1.37
GMGeneral Motors Company1.37
COPConocoPhillips1.39
FDXFedex Corp1.40
METMetlife Inc1.53
AIGAmerican International Group1.54
MSMorgan Stanley1.54
SPGSimon Property Group1.55
BKNGBooking Holdings, Inc1.55
SLBSchlumberger Ltd1.57
NVDANVIDIA Corporation1.62
TSLATesla Inc1.64
CCitigroup1.78
COFCapital One Financial Cp1.79
BABoeing Co1.87

注)上表の値は、以下のデータを利用しています。
データの出所:
List of US Stock Betas for Large-Cap Stocks (ABG Analytics)


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました