IG証券
コラム

ビットコイン、3万ドルを維持できなければ、2万ドルに向かって下落か

ビットコインが前回の安値30,600ドル(1月12日)を割ってきましたね。

下のチャート形状は、下落トレンドの継続を示唆しています。
(ここのところ、米国時間に戻すことが多いので、今晩が注目です。)

バロンズに、ビットコインの現状と今後の見通しの記事が載っていますので、以下抜粋して紹介します。

引用元:Barron’s
Bitcoin Is Getting Crushed Because Holders Worry They’ll Never See These Prices Again

  • OandaのアナリストCraigErlam氏:「30,000ドルの水準を維持できない場合、20,000ドルに向かって下落し始める可能性があります。」
  • 世界最大の資産運用会社であるブラックロック(BLK)が今週水曜日にSECに提出した目論見書によると、2つのファンドがビットコイン先物に(ポートフォリオの一部として)投資を計画中との報道がありましたが、足元のビットコイン相場は、このようなポジティブなニュースにも反応せずに下落しています。
  • 最近、ビットコインは、東アジアから北米に資金が流入しています。ビットコインは国際的な資産になってはいるものの、地域によって規制も異なるため、地域ごとの投資家のセンチメントの違いが価格に影響を与える可能性があります。中国の投資家がビットコインに強気であっても、より厳しい政府の規則下では、売却するインセンティブが働きます。
  • ビットコインの相場で興味深いのは、「需要が突然落ち着くと、売り圧力が急速に高まる」という点です。

ご参考になれば幸いです。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました