IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

民主党「ブルーウェーブ」で波乗りできる銘柄は?

Barron’sの最新号に、バイデン政権・民主党「トリプルブルー」で有望なセクターや銘柄の特集記事が載っています。

“New Opportunities and Risks Arise for Investors as Democrats Take Power”
引用元:Barron’s

この記事の中で有望視されているセクターや銘柄を抜粋してご紹介しますと;

  • ウォルトディズニー(DIS)
  • ブッキングホールディングス(BKNG)
  • ダーデンレストラン(DRI)
  • サウスウエスト航空(LUV)
  • Invesco Dynamic Leisure&Entertainment ETF(PEJ)

これらは民主党の強力な経済刺激策・ワクチン普及による経済の正常化に伴って、昨年に悪影響が大きかった分も含めて今後のパフォーマンスが期待できるとみられています。(散々な目にあったセクターですね。良い年になるといいですね。)

続いて金利動向から恩恵を受けるであろう、金融・保険系の銘柄です。

  • Financial Select Sector SPDRファンド(XLF)
  • チャールズ・シュワブ(SCHW)
  • バンクオブアメリカ(BAC)

先週、金融株は結構上げましたね。

これらは全部ウォーレン・バフェット氏が好みそうな銘柄なので、バークシャー・ハサウェイ株(BERK-B)も個人的には良いのではないかと思います。

あと記事では、サイバーセキュリティ関連で、Okta(OKTA)、Zscaler(ZS)、Cyber​​Ark Software(CYBR)などがあげられています。

Barron’sは、米国で最もメジャーな株の週刊誌です(ダウ・ジョーンズ社発行、「日経ベリタス」はBarron’sを元にしていることでも有名)。Barron’sに掲載されると実際に翌週上がったりします。
以上、ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました