IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

バフェット氏、石油株を猛烈に買い増し

バフェット氏、オクシデンタル・ペトロリアム株を猛烈に買い増し

足元のWTI原油価格は、ウクライナ危機によって120~130ドルまで急騰していますね。
こうした中、著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK.A, BRK.B)が先週、独立系の石油エネルギー会社「オクシデンタル・ペトロリアム(Occidental Petroleum:OXY)」の株式を猛烈に買い増したことが、一斉に報道されています。

この報道のデータ元は、BRKがSECに提出した「フォーム-13G」(開示データはこちら)です。

「フォーム-13G」は、(日本でいう)大量保有報告書の、機関投資家向けのものです。なお四半期ごとに提出する銘柄リストは、「フォーム-13F」といいます。

BRKの開示情報によると、同社は3月2日~4日の3日間でOXY株を約6100万株取得、合計9,120万株を保有しています(保有比率は9.8%)。

以下は、OXYの日足チャートです。
BRKがOXYを特に大量に買い増した3月4日は、OXY株が最も急騰しています(△17.6%)。
(クリックで拡大できます。)

バフェット氏は通常、市場への影響を出さないかたちで静かに買い増していくのですが、今回は、普段と違って猛烈に買い増していますね。

目次に戻る

バフェット氏とオクシデンタル・ペトロリアムの経緯

今回のバフェット氏の買い増しには、バフェット氏とOXYの間の、過去の経緯をふまえておく必要があります。

2019年OXYは、同業のアナダルコ社の買収をめぐって、石油メジャー・シェブロンとの争奪戦になっていましたが、バフェット氏率いるBRKから100億ドルの支援を受けて買収を実現しました。このディールの中でBRKは、配当が高いOXYの優先株のワラントを取得しました。

しかし、アナダルコの買収によって巨額の債務を負ったOXYの株価は、2020年のコロナのショック相場では、一時10ドルを下回るまで下落しました。

しかしその後、原油価格とガス価格の急騰によって同社の経営は持ち直し、直近は配当を年間4セントから52セントに大幅に引き上げ(データ元:同社IRサイト、“Occidental Increases Dividend”、2022年2月24日)、また負債の削減もすすんでいます。

以上のような経緯の後に、今回の猛烈な買い増しにつながっています。

目次に戻る

オクシデンタル・ペトロリアムはどんな会社?


オクシデンタル・ペトロリアムWebサイト

OXYは、1920年設立、本社はテキサス州ヒューストンで、大富豪・政商として知られるアーマンド・ハマー氏の経営によって大手石油会社の一角に成長しました。同社の事業は、(1)石油及びガス、(2)化学、(3)ミッド・ストリーム及びマーケティングの3つのセグメントで構成されています

OXYは、S&P500の構成銘柄です。
S&P500の構成銘柄の中で、OXYを他の同業会社と指標比較すると、以下のような状況です。(時価総額順)
データ元はYahoo Financeです。(2022年3月8日)

ティッカー銘柄名時価総額 (Bil$)予想PER営業利益率DEレシオ予想配当利回り
XOMExxon Mobil Corporation329.512.39.630.14.19
CVXChevron Corporation273.41410.224.93.58
COPConocoPhillips118.610.627.445.41.42
EOGEOG Resources Inc.62.810.530.926.62.5
SLBSchlumberger NV55.721.312.198.21.28
PXDPioneer Natural Resources Company55.710.423.634.32.29
MPCMarathon Petroleum Corporation43.316.53.180.13.11
WMBWilliams Companies Inc.39.722.224.5169.15.09
DVNDevon Energy Corporation39.610.325.371.96.68
KMIKinder Morgan Inc Class P38.71527.3105.45.7
PSXPhillips 6637.111.30.571.74.46
OXYOccidental Petroleum Corporation36.214.516.8153.20.94
VLOValero Energy Corporation34.712.62.176.34.67
HESHess Corporation31.519.728.6130.11.48
OKEONEOK Inc.29.91715.7228.35.46
HALHalliburton Company29.219.211.4153.51.41

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました