IG証券
コラム

バークシャー・ハサウェイの損益構造(事業損益と投資損益の全体をみてみよう)

バークシャー・ハサウェイはどんな会社?

この記事は、「ウォーレン・バフェット 氏(バークシャー・ハサウェイ)特集」の一環で書いています。

バークシャー・ハサウェイのことを、「投資会社」とよぶ人もいれば、「コングロマリット」と呼ぶ人もいます。どちらがより良い表現でしょうか?

今回は、バークシャー・ハサウェイの事業内容を見てみたいと思います。
データ元は、前回記事と同様に、同社のSECファイリングの「FORM-10K」です。

「FORM-10K」は、日本の「有価証意報告書」に相当するものです。
(同様に、「FORM-10Q」は、日本の「四半期報告書」に相当するものです。)

目次に戻る

バークシャー・ハサウェイの損益の構造

バークシャー・ハサウェイの損益の構造は、以下のようになっています。

(A) 売上 ←事業区分は、保険・鉄道・エネルギー・製造・マクレーン・サービス小売に分かれています。
(B) 売上原価・販管費
(C) 営業利益 (A) – (B)
ーーーーー
(D) 投資損益 ←これが例の株式投資の部分です。
(E) 支払利息などのその他の損益
ーーーーー
(F) 税引前利益 (C) + (D) + (E)
==================

※マクレーン事業は、2003年にウォルマートから取得した卸売事業です。

目次に戻る

バークシャー・ハサウェイの売上高・営業利益・税引前利益の推移

以下の2つのチャートは、2018年~2021年の4年間の、バークシャー・ハサウェイの売上高・営業利益・税引前利益の推移を示しています。

まず左側の積み上げグラフは、事業別の売上高と営業利益の3年間の推移です。
次に右側のグラフは、営業利益、投資損益、税引前利益の推移です。
左のチャートの①②③④は、右のチャートの①②③④と同じです。

(クリックで拡大できます。)

上の2つのチャートをじっくり見ていただくと、バークシャー・ハサウェイの損益の全体構造が見えてきます。
左のチャートの売上高でみれば多様な事業を展開している「コングロマリット」と呼べますし、右のチャートの営業利益と投資損益の比較でみれば「投資会社」と呼べそうです。

なお投資損益のほとんどは含み損益の変動で、これの毎年の変動にはあまり意味がない、とFORM-10Kに記載しています。(同社の投資方針は長期投資なので、売却しないかぎり実現しない含み損益には注意してください、という注意喚起ですね。)

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました