IG証券
コラム

米国企業の決算で見かける「CAGR」(年平均成長率)とは何か?【計算機付き】


この記事は、米国株「決算発表の見方」特集の一環で書いています。

「CAGR」とは?

決算発表で、「5年後の目標収益はXXXドルで、CAGRはXXパーセント」といった表現をみかけることがあると思います。

このCAGRとは、Compound Annual Growth Rateの略で、「年平均成長率」のことをいいます。平均と言っても、「増加の幅」が同じではなく、「増加の率」が同じ成長のことなので注意が必要です。


左側のチャートは、収益が毎年同じ額だけ増加(対前期比の成長率は次第に低下)しているのに対して、右側のチャートは、収益の対前期比の増加率が同じです。

CAGR(年平均成長率)は、上の右側のチャートのように、収益の対前期比の増加率が同じになる「成長率」のことを言います。

この成長率をcとすると、

2年目の収益 = 1年目の収益 x (1+c)
3年目の収益 = 1年目の収益 x (1+c) x (1+c)
4年目の収益 = 1年目の収益 x (1+c) x (1+c) x (1+c) 
5年目の収益 = 1年目の収益 x (1+c) x (1+c) x (1+c) x (1+c)

複利計算と同じですね。

期間をnにして、1行にすると;
1年目の収益 x (1+c)(n-1)n年目の収益

これを移項すると、CAGRは;

c =(n年目の収益÷1年目の収益)^ {1÷(n-1)}-1

で計算することができます。(^はべき乗です。)

エクセルではこの計算式でOKですが、普通の電卓では、べき乗ができないですね。

目次に戻る

CAGR(年平均成長率)計算機「ケイガー君」

ということで、エクセルも面倒ですので、米国株.comオリジナルのCAGR(年平均成長率)計算機をつくりました。
ぜひご利用いただければと思います。(数値は半角で入力してください。)


最初の年度の金額:

最後の年度の金額:

年数: 年数は、最初の年度と最後の年度の両方を含めてください。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました