IG証券

銅の需要・供給を分析してみよう(米国株「銅(コッパー)関連銘柄」特集)

当記事は、米国株「銅(コッパー)関連銘柄」特集の一環で書いています。今回は、銅の需要・供給面をまとめておきたいと思います。

銅の世界的需要・供給と銅価格の月次推移(直近5年)

以下のチャートは、2016年1月~2021年5月までの、

  • 銅山の世界生産量(青)、精錬銅の世界生産量(オレンジ)、精錬銅の世界消費量(緑)、精錬銅の世界在庫高(水色)の月次推移:目盛りは左側で単位は万トン
  • COMEXの銅先物価格(赤):目盛りは右側

を表示しています。(クリックで拡大できます。)

銅関連データの出所は、International Copper Study Group (ICSG:1992年設立された銅の国際商品委員会として機能する銅の生産国と消費国の政府間組織)です。チャートは当サイト米国株.comで作成しています。銅関連の最終データは2021年1月です。
精錬銅の在庫は、取引所(英LME、米COMEX、上海ShFE)と、精錬メーカーの在庫等で構成されています。
銅価格は、米COMEXの銅先物価格の月末価格を表示しています(2021年5月は、2021年5月14日時点の価格を表示しています。)

銅の生産は、(1)銅山から鉱石を採掘する生産と、(2)鉱石を精錬して精錬銅にする生産の2つに区分されます。精錬銅の消費と対比する生産は、(2)の精錬銅の生産の方です。

上のチャートの通り、銅山生産、精錬銅生産、精錬銅消費、精錬銅在庫のすべてにおいて季節性があることがわかりますね。2020年のコロナショックでは、特に銅山の生産への影響が相対的に大きかったことが伺えます。2020年後半の回復過程では、特に精錬銅の消費が伸びており、その後に銅価格が投機的に急騰していることがわかります。

目次に戻る

 

銅の世界的需要・供給の年次の長期推移(2000年~2022年)

次に、以下のチャートは、銅の世界的需要・供給の年次の長期推移(2000年~2022年)を表示しています。
単位は千トンです。(クリックで拡大できます。)

銅の生産・消費データの出所は上と同じICSGで、チャートは当サイト米国株.comで作成しています。2021年、2022年のデータはICSGによる予測値を表示しています。

目次に戻る

銅の世界的需要・供給の年次の地域別推移(2020年~2022年)

次に、以下のチャートは、銅の世界的需要・供給の年次の地域別の構成(2000年~2022年)を表示しています。
このチャートは、上の長期推移(2000年~2022年)の中の直近3年を、地域別に積み上げたものです。
単位は上と同じ千トンです。(クリックで拡大できます。)

銅の生産・消費データの出所は上と同じICSGで、チャートは当サイト米国株.comで作成しています。2021年、2022年のデータはICSGによる予測値を表示しています。

銅山の生産で最も大きい地域は南米(黄色)、次が北米(オレンジ)です。
精錬銅の消費で最も大きい地域は中国です。(上のチャートでは、黄緑色の中に含まれています。)

精錬銅の生産と消費は、足もとの2020年から2022年については、ほぼ均衡を維持していることがわかります。
足元での銅価格は、もっと長い10年スパンの需要・供給の両面から、投機的な急騰につながっている、とみられています。

  • 2020年の銅使用量の3%程度であるグリーン電力関連の需要は、2030年までに16%に達する可能性があり、電気自動車(EV)には、ガソリン車の数倍程度の銅需要があること
  • 優良な銅山は限られており、かつ新規の銅山の稼働には、環境のレビューなどによるリードタイムが6年から8年に及ぶ可能性があること

目次に戻る

 

コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱
IG証券

【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました