IG証券
コラム

コーン(とうもろこし)相場は、歴史的な上昇の局面にある

コーン(とうもろこし)相場のファンダメンタル的要素とテクニカル的要素

その後2021年4月16日のバロンズに、「コーン相場が歴史的な上昇の局面にある」旨の特集記事が掲載されています。
Corn Could Be Headed for a Record High (バロンズ)2021-04-16

記事を要約すると、以下の通りです。

  • コーン(トウモロコシ)は、昨年8月から始まった強気相場の「2回目の上昇」がスタート、8年ぶりの高値を付けています。
  • ファンダメンタルズ的要素は、ますます強気の傾向にあります。先週金曜日、米国農務省(USDA)は2020~21年度のトウモロコシの期末在庫を13.5億ブッシェルと予測。これは3月時点の予測よりも10%低い水準です。USDAは、コーンの消費量増加の原因として、エタノール生産のためのトウモロコシ使用の増加、輸出の増加などをあげています。
  • コーンの主要な生産地である米国北部ダコタは、植え付けの季節が始まる時期に旱魃(かんばつ)に悩まされています。
  • また中国農業省は2020~21年度のコーン輸入の予測を1200万トン引き上げています。
  • テクニカル的には、25年間効いている強いレジスタンスを上抜けており、800~850ドルまでの上昇の可能性がある。
  • なお小麦は、コーンと対照的に、備蓄量がタイトではない状況です。

目次に戻る

コーン相場を、短期・中期・長期のチャートでみてみよう

今年2021年の年初からのコモディティ価格の比較チャート

まず、今年2021年の年初からのコモディティ価格の相対比較のチャートです。
WTI原油(緑)、金(青)、銀(グレー)、プラチナ(紫)、銅(青緑)、鉄鉱石(紺)
コーン(赤)、大豆(濃いオレンジ)、小麦(黄)

穀物系(コーン、大豆、小麦)の商品価格、特にコーンの上昇が顕著であることがわかります。


目次に戻る

昨年2020年の年初からの穀物系商品価格の比較チャート

コーン(赤)、大豆(濃いオレンジ)、小麦(黄)です。

穀物系の商品価格は、昨年の8月頃から上昇が始まっています。


目次に戻る

過去約15年の長期チャートにおけるコーン価格の推移

つづいて、過去約15年の長期チャートにおけるコーン価格の推移は、以下の通りです。

バロンズでは、今年の1月~3月あたりのもみ合い(下のチャートの紫色の円の部分です)は、過去25年間の強いレジスタンスラインの攻防で、現在はこの水準を上にブレイクアウトしたところにある、と分析しています。


目次に戻る

グローバル投資戦略におけるコモディティ投資のすすめ

グローバル分散投資戦略として、米国株やFXだけでなく、商品(コモディティ)もポートフォリオの一部に加えることを強くおすすめします。投資の経験やスキル、世界経済に対する知見が広がると思います。

商品(コモディティ)のCFDを扱う国内の証券会社としては、取り扱うアイテム数がダントツに多いIG証券をおすすめします。↓

以上、ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました