IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 DHR:Danaher Corp(ダナハー)

ダナハーは1969年に不動産投資会社としてスティーブ・レイルズ氏とミッチェル・レイルズ氏が設立、その後、製造業の買収を軸とした企業形態へ転換しています。一連のM&Aを経て、現在のダナハーは、ライフサイエンス・医療診断機器・歯科医療機器をはじめ、各種分析機器や水質検査機器などの環境関連事業を手掛けており、北米に加えて欧州や新興国などで事業展開しています。
同社は、1986年に継続改善を主眼とした経営手法を「ダナハー・ビジネス・システム:DBS」と名付け、1988年にはトヨタ自動車の(世界各国にカイゼンを伝えた)岩田良樹氏を招いたことを契機に、日本企業のカイゼンの手法を導入、日本流の品質管理活動をベースに米国流の方法で技術革新、市場開拓・売上向上、リーダーシップ開発の取り組みを展開しています。同社はM&Aで拡大を続けてきましたが、新しく買収した企業にはその都度DBSが展開され、カイゼンが不可欠な行動規範として定められています。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年10月23日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました