IG証券
コラム

ディディ(滴滴出行:ティッカーDIDI)がいよいよ上場

今年最大のIPOの一つとされる「ディディ」(滴滴出行:ティッカーDIDI)が、いよいよ本日2021年6月30日、NYSEに上場しますね。

【SECファイリング】
EDGAR Entity Landing Page

ディディの目論見書は、上記SECファイリングのサイトでアクセスすることができます。

直近の業績は、以下の通りです。
まずは売上高と営業利益に注目してみてください。(赤いマーカー部分です。)

アナリスト予想では、2022年、早ければ今年中にも営業利益黒字化の可能性がある、と見られているようです。
世界15カ国で展開中とありますが、現在は殆どが中国国内におけるモビリティサービスの売上です。
2012年設立の同社の歴史で最大のポイントは、2016年にUberの中国事業を買収したことです。ディディとUberの両社は、長らく損失を出している両社のビジネスが利益を出す会社になるために買収合意に到達しました。
現在、ディディは中国のライドシェアリング市場で80%以上のシェアを占めており、中国の都市人口と可処分所得の継続的拡大、都市部の人口密度の高さや自動車の普及率の低さなど、成長可能性はきわめて高いと見られています。
ウォール・ストリート・ジャーナルは、直近の同社のバリュエーションを約700億ドルと評価しています。

  • 2012年創業
  • 本社は北京
  • 従業員は1万5914人(昨年末時点:うち44.7%は研究開発要員)
  • 創業者チェン・ウェイ氏は、IPO前で同社株式の7%を所有(15.4%の議決権)
  • ソフトバンク・ビジョン・ファンド(21.5%)、Uber(12.8%)、テンセント(6.8%)

(以下は2021年3月末時点)

  • 中国を含む世界15カ国、4000以上の都市で事業展開(ブラジル、メキシコ、オーストラリア、日本など)
  • 年間アクティブユーザー:世界で4億9300万人
  • 年間アクティブドライバー:1500万人
  • 四大コア戦略:ライドシェアプラットフォーム、自動車関連サービス(給油・充電、メンテナンス、レンタカーなど)、電気自動車(EV)、自動運転(ロボタクシーレベル:4)
  • 三大事業:国内モビリティ事業(オンライン配車、タクシー、運転代行、乗り合いタクシーなど)、グローバル事業、その他の事業(シェアサイクル、自動運転、金融サービスなど)

これまでの資金調達の歴史から何から、まさに桁外れの巨人。
アクティブユーザーが「億単位」というのもすごいですね。

CNBCのジム・クレーマー氏「Get as many Didi shares as you can

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました