IG証券
コラム

ダウ平均は125周年(弱点はあるが、まだ現役)

ダウ平均(ダウ工業株30種平均株価指数)は、5月26日で、125周年だったそうです。
この指標は、1896年5月26日に、12銘柄でスタートしたそうです。

1896年は明治29年です(日清戦争が明治27年)。
なお、日経平均は1950年に始まっています。

  • ダウ平均の問題点1.株価平均型の株価指数である(時価総額が考慮されていない)
  • ダウ平均の問題点2.構成銘柄が少なく、銘柄選択の基準が恣意的である

私もCFDでトレードする米国の株価指数は、S&P500と、ナスダック100と、ラッセル2000の3つだけですね。

しかし、これらの弱点を踏まえた上で使えば、ダウ平均はまだまだ現役で使えます。
最新のバロンズでは、ダウ平均125周年を祝うととともに、「時代遅れのダウ平均の使い方」を紹介しています。
The Dow Jones Industrial Average Turns 125. It’s Not Time to Retire It Yet.(出所:バロンズ

バロンズは、ダウ平均を「大型バリュー株の指標」と割り切って使えばよい、と紹介しています。

アップルとマイクロソフトが入っていますが、株価が低いので、単純平均型株価指数では影響が少ないですね。

  • ダウ平均をS&P500と比較すれば、市場全体の中で大型バリュー株の強さがわかります。
  • ダウ平均をナスダック総合と比較すれば、グロース株と比較して大型バリュー株の強さがわかります。
  • ダウ平均をナスダック100と比較すれば、大型グロース株と比較して大型バリュー株の強さがわかります。
  • ダウ平均をラッセル2000と比較すれば、中小型株と比較して大型バリュー株の強さがわかります。
(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました