IG証券
コラム

ユーロ圏の経済指標

【ECB政策金利】
HP_ECB
ECB(European Central Bank)
ECB政策金利とは、欧州の中央銀行であるECB(European Central Bank)が欧州の各銀行に貸し出す際の金利をいいます。
ECBの理事は、ECB役員の6人とユーロ導入国の中央銀行総裁で構成されており、ECB理事会(定例会)は2週間に1回の頻度でECBの本部(ドイツのフランクフルト)で開催され、毎月、月初の理事会でECB政策金利が決定されます。
ECB理事会終了後のECB総裁の記者会見は、マーケットで大きく注目されます。なお、米国FOMCや日銀の政策決定会合とは異なり、議事要旨は公開されません。
ECBの最重要目標はユーロ圏の物価安定であり、ユーロ圏のインフレの状況が重要視されています。

【HICP(消費者物価指数)】
ユーロ圏の消費者物価指数は、CPIとは言わず、「HICP(Harmonised Index of Consumer Prices)」と呼ばれます。HICPは欧州連合(EU)の統計機関ユーロスタットが毎月発表しています(「HICP速報値」と「HICP改定値」の2種類)。
EurostatのWebサイト
HP_Eurostat
※ユーロスタットWebサイトの「Inflation Dashboard」
http://epp.eurostat.ec.europa.eu/inflation_dashboard/#

【PPI(生産者物価指数)】
ユーロ圏のPPI(生産者物価指数)は、ユーロスタットが毎月上旬に発表しています。
PPIのうち、食品・エネルギーなど変動の激しい項目を取り除いたものをPPIコアと言います。

【PMI】
ユーロ圏製造業PMI(速報値・確報値)
英国の民間市場調査会社Markit社が集計公表する購買担当者景気指数。企業を対象に行うアンケート結果をもとに算出公表するもので、毎月最初に発表される景況指標の一つです。また一貫した調査方法の採用により、国際比較も可能とされています。
速報値は毎月当月の下旬、確報値は毎月翌月の初旬に発表されます。
Markit社は毎月、30以上の国々の企業20,000社以上からデータを収集、調査回答を照合、確認のうえ集計し、製造業、サービス業、小売業、建設業の各セクターをカバーする大規模データを提供しています。

【GDP】
ユーロ圏のGDPは、ユーロ導入国全体のGDPを元に、ユーロスタットが四半期ごとに公表しています(速報値、確定値)。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました