EIDO:インドネシア

インドネシア経済・金融市場の概況

  • 最大の輸出先である中国経済の低迷、コモディティー価格の下落により、資源中心の輸出が伸び悩み
  • 一方、経済を牽引する国内消費は依然拡大、工業製品やエネルギー輸入は増加の一途で貿易赤字の拡大が定着
  • ルピアは対ドルでじわじわと減価、7月中旬、ほぼ4年ぶりに1ドル=1万ルピアの大台に突入
  • FRBの金融緩和縮小の示唆により、他の新興国市場と同様、インドネシアから資金流出。ジャカルタ株式市場は大きく調整中
  • 6月下旬、政府管理の補助金付き燃料価格の値上げに踏み切ったことで、物価上昇圧力が一段と上昇
  • 値上げによる補助金削減は、財政負担軽減を目指す政府の長年の懸案。長期的には財政構造健全化にプラスに働くが、短期的にはインフレを誘発し、景気減退を招くとの懸念
  • インドネシア中央統計局(Statistics Indonesia)が8月初旬に発表した今年4~6月期の実質GDP成長率は、前年同期比5.81%、6%を割り込んだのは2年9カ月ぶり
  • 8月発表の7月インフレ率は、前月比で3%超、前年同月比では中央銀行予測を上回る8.61%を記録。
  • 7~8月にかけ、年間で最も消費が活発になる断食月(ラマダン)を迎えたため、季節的要因も影響
  • 8月末、インドネシア中央銀行は急遽通貨政策会を開催、政策金利を6.5%から7%へ0.5ポイント引き上げ
  • 政府と中銀が9月以降のインフレ率をいかに抑え込めるかに注目

インドネシアの貿易収支の月次推移
http://www.tradingeconomics.com/indonesia/balance-of-trade
★経常収支は四半期ごとですが、貿易収支は月次で公表されるので、継続的にウォッチしやすいと思います。

1人あたりGDP::USD3,495(2011年)
人口:約2億5000万人(ASEANの人口の約4割)

Jakarta Stock Exchange Composite Index


インドネシアルピア(対ドル)の為替レート(日足)

by investing.com

インドネシアETF
iShares MSCI Indonesia Investable Market Index ETF (EIDO)


iシェアーズ MSCI インドネシア ETF
iシェアーズ MSCI インドネシア ETFは、インドネシアの株式全般で構成される指数と同等の投資成果を目指しています。
[table “14” not found /]


タイトルとURLをコピーしました