IG証券
コラム

米国株投資のための英単語「Blip」

この記事は、「米国株投資のための英単語」特集の一環で書いています。
この特集では、TOEICなどではあまり出てこない一方で、株式ニュースでは頻繁に見かける単語や言いまわしをとりあげています。

「Blip」とは

今回とりあげる単語は、「Blip」です。

Blip」は、「ピッという音」「レーダースクリーン上で他の飛行機・潜水艦などの位置を示す点(ブリップ)」「突然の小さな衝撃」「意味のない中断」「傾向からのマイナー・一時的な逸脱」などを意味する名詞です。

目次に戻る

「Blip」の使われ方

「Blip」は、株式関連のニュースでは「トレンドから一時的に逸脱するマイナーな動き」といった意味で使われます。

例文:
Sell-off in US stock indices likely to be a blip.
(訳)
米国の株価指数の下落は、(トレンドを変えることのない)一時的・マイナーな動きに終わる可能性があります。

2021年6月16日、FOMCの結果公表でタカ派よりのサプライズを受けたところに、さらに後日、(FOMCメンバーの中でもハト派で知られる)セントルイス連銀・ブラード総裁が、2022年中の利上げ開始を示唆しました。グローバル市場はこれを受けて、FRBがインフレを早期に抑え込み、適温相場(コルディロックス相場)が終了との見方から、これまでの投機マネーが一気に逆流、「コモディティ・株・リスク通貨が売られ、長期国債・米ドル・円が買われる」というリスクオフの展開になりました。

ただし週明けには、市場は落ち着きを取り戻し、「今回のインフレはすぐに収束し、2023年より前の利上げの可能性はまだ低い」との見方で、米国株は買い戻されました。

つまり、2021年6月のFOMCによる下落は、「Blip」に終わる可能性がある、という見方がでていますが、さて今後どうなるでしょう。
まずは、6月25日発表の米PCEデフレータに注目しましょう。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました