IG証券
個別銘柄の紹介

フェイスブックは(好かれようが嫌われようが)成長する。株価は安い。

貴方はフェイスブックが好きですか?

テック株の巨人と言われる「GAFAM」の中で、フェイスブックはかなり変わった銘柄ですよね。
同社のプライバシー問題についての記事や、若者の「Facebook離れ」についての記事をよく目にします。

フェイスブックの株価は、明らかに割安です。たとえば予想PERでみると、以下のような状況です。

【予想PER】(Yahoo Finance, 2021年4月6日時点)
フェイスブック:22.83
アップル:26.79
アルファベット:27.51
マイクロソフト:30.83
アマゾン:48.83

目次に戻る

フェイスブックは今後も成長する

このフェイスブックについて、バロンズの最新号が長い特集記事を組んでいます。
引用元:Facebook Stock Is a Buy—and Could Gain 20%, Barron’s

長い記事なので要約すると、以下のような内容です。

  • フェイスブックが巨大テック株の中で最も割安な理由は、同社に対する深刻な規制強化のリスクがあるため
  • 同社の広告ビジネスモデルは、クラウド主導のアマゾンや在宅勤務が追い風のマイクロソフトよりも、パンデミックの悪影響が大きい
  • しかし同社の広告主とそのユーザーは、ソーシャルネットワークをやめることはできない
  • パンデミックにもかかわらず、同社の2020年の収益は21%増の860億ドル。市場予測では2021年度収益は25%増加で1,078億ドル。今年の収益成長率はわずかに鈍化して12%上昇だが、その後数年で20%の成長に戻る可能性がある
  • 同社のビジネスモデルは、従来のフェイスブック型ビジネスの枠を超えており、Instagram、WhatsApp、Facebook Shopsなどは新しい収益源の柱になる可能性があり、またVRヘッドセットのOculusQuest 2は新しい成長分野である
  • プライバシー問題の論争は消えることはないが、しかし収益は伸びており、株価は安い

私は「フェイスブックが好きになれない」一人ですが、投資の際はバイアスをもたないほうが良いでしょうね。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました