IG証券
コラム

インテルが投資計画を発表。TSMCに「どのように(How)追いつくのか」が見えない市場の反応は・・・

インテルの投資計画

2021年3月23日の株式市場が引けた後、インテルCEOのGelsinger氏が、ガイダンスで投資計画を発表しました。

米半導体、復権へ始動 インテル背水の2兆円新工場(日経)

今後数年間で200億ドル(約2兆1700億円)を投じて、米アリゾナ州に新工場を建設、2024年の稼働を目指し、PC向けCPUなどに使われる回路線幅が7ナノメートル程度の最先端半導体の生産を行う予定です。

バイデン大統領は今年2月、半導体などの供給網を見直す大統領令に署名、また議会が今年度の国防権限法に盛り込んだ半導体の投資支援策を支持して、補助金などに370億ドルを計上するよう議会に求めました。

これを受けたかたちでインテルは今回、ファウンドリ(受託生産)事業の開始も表明しました。

しかし技術的に約2年半先行して絶対優位にあるファウンドリ・台湾TSMCの5ナノ最先端チップは、昨秋から、アップルのiPhone12向けに全量供給がスタートしています。さらに、TSMCの今年の設備投資額は280億ドルで、今回のインテルの投資計画をはるかに超えるもので、またTSMCは同じ米アリゾナ州に新工場を建設予定で、両社はほぼ同じ時期に新工場を稼働させることになります。

市場の反応は?

24日の市場の反応について、参考に以下のチャートをご覧ください。2021年年初からの日足を相対比較しています。(クリックで拡大できます。)

投資計画を発表したインテルは、下落▼
チップメーカーのライバルAMDは、下落▼
ファウンドリーの台湾TSMCは、下落▼
半導体製造装置のアプライドマテリアル、ラムリサーチ、ASMLは、そろって上昇△

わかりやすいですね。
今回のインテルの投資計画の発表で、最も恩恵を受ける半導体製造装置メーカーは「買い」。
インテルは、どうやってTSMCに追いつくのかが見えないので「売り」。そうはいっても競合は影響をうけるので、TSMCとAMDは「売り」

ご参考にもう少し長い目で、昨年年初から比較すると、以下のような感じです。インテルの置かれている状況がわかりやすくなります。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました