IG証券
ETFの紹介 コラム

S&P500に投資する方法は、「VOO」「IVV」「SPY」だけではない

S&P500全体に投資するETFは、「VOO」「IVV」「SPY」

S&P500全体に投資するETFといえば、バンガードの「VOO」、iShares(ブラックロック)の「IVV」、ステートストリートの「SPY」ですね。

VOO
Vanguard S&P 500 ETF
IVV
iShares Core S&P 500 ETF
SPY
SPDR S&P 500 ETF Trust
運用会社バンガードiShares(ブラックロック)ステートストリート
時価総額6,909億ドル2,487億ドル3,450億ドル
開始日2010年09月07日2000年05月15日1993年01月22日
経費率0.03%0.03%0.09%

「VOO」「IVV」「SPY」どれが最も良いか?というと・・
しいて言うなら、バフェット氏も推薦のバンガード、手数料も最安、時価総額最大のVOOで良いと思います。

ただし、実際のところ、どれもほぼ同じだと思います。
手数料の0.03%と0.09%の差は、100万円の投資で600円です。
パフォーマンスも同じです。(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

S&P500全体への投資は、「株価指数CFD」にも注目してみよう

前置きが長くなりましたが、S&P500全体への投資として「株価指数CFD」にも注目していただきたいのが、この記事の趣旨です。

S&P500全体への投資として、VOOなどに投資するのは全く否定しませんし、とても良い投資法だと思います。
たとえば「VOOと、(配当狙いで)SPYDに分散投資しています」とかいわれると、文句のつけどころがありませんし、当サイトの意義も薄れる(笑)のですが、「もう少し投資の幅を広げて、視野を広げてみましょう」と主張したいのです。

S&P500株価指数のCFDの場合は:

  • 下落相場でも売りで利益を狙うことができますし、
  • レバレッジを効かせて資金効率の良い投資ができますし、
  • 相場をもっとも細かく見るようになるので、投資の幅が広がります。
  • また他のCFD、たとえば、日系証券で扱いの無いETF・欧米アジア株他の主要国の株価指数通貨(FX)や、コモディティ(金や原油や穀物系)、仮想通貨を含めたグローバル分散投資の足掛かりとなります。

当サイトでは、S&P500株価指数のCFDの1時間足チャートを毎日分析しています。

ぜひS&P500株価指数のCFDをご検討してみてください。
専門領域をどんどん広げたい場合は、IG証券をぜひおすすめします。↓

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました