IG証券
ETFの紹介 コラム

史上初、ヘッジファンドから変身したETF「KNGS」がスタート

ヘッジファンドが、史上初めてETFに転換したというニュースをご紹介します。

A Tiny Hedge Fund Just Made History by Turning Into an ETF(Bloomberg)
ヘッジファンドから変身したETF、史上初の「KNGS」が取引開始(Bloomberg)

– ヘッジファンドが以前のようにパフォーマンスが出せない
– ヘッジファンドが大型化して小規模のファンドは淘汰されている
といった一般的な背景があると思いますが、いずれにしても、資産運用ビジネスのなかで、ETFに関する戦略がますます重要になっている、ということかと思います。
ETFの市場は成長拡大を続けており、今回のヘッジファンドのETF転換は史上初ですが、その他複数の投資信託もETFへの転換を申請しているそうです。

個人投資家としてはこの傾向は歓迎ですね。

今回のニュースのヘッジファンドの名前は、テクノロジー株中心に投資する「Upholdings Funds」という小規模のヘッジファンドで、今回スタートしたETFは「KNGS:Upholdings Compound Kings ETF」で、2020年12月30日に取引が開始されています。
ちなみに、このETFの直近の最大のウエイトはAirbnb、次がアリババ、フェイスブックの順になっています。

UpholdingsのWebサイト
KNGSのWebサイト

アップホールディングス・グループの創業者・CEOのキャントウェル氏
「ベンチマークを上回る成績を目指す運用者を求めるために金持ちである必要はないはずだ」
「ETFへの転換は、高品質な成長分野への投資を一般の投資家に開放するものだ」


ご参考にKNGSの保有銘柄は、以下の通りです。(2020年1月7日時点)

ティッカー銘柄名ウエイト (%)
ABNBRTSIPO RIGHTS OF AIRBNB INC COM CL A11.28
BABAALIBABA GROUP HLDG LTD7.12
FBFACEBOOK INC6.93
BRK/BBERKSHIRE HATHAWAY INC DEL5.54
TCEHYTENCENT HOLDINGS LIMITED5.24
CUZCOUSINS PPTYS INC4.44
JDJD.COM INC4.44
ETSYETSY INC4.43
SBUXSTARBUCKS CORP4.17
ARCCARES CAPITAL CORP COM3.6
HHCHOWARD HUGHES CORP3.52
AMZNAMAZON COM INC2.69
SPOTSPOTIFY TECHNOLOGY S A2.65
NFLXNETFLIX INC2.48
GOOGLALPHABET INC2.36
PINSPINTEREST INC2.14
AAPLAPPLE INC2.09
ALGNALIGN TECHNOLOGY INC2.01
WDAYWORKDAY INC2
SHAKSHAKE SHACK INC1.78
ADYEYADYEN N V1.3
TIGRUP FINTECH HLDG LTD1.15
SQSQUARE INC0.7
NOWSERVICENOW INC0.61
ADYEN NAADYEN NV0.06
ADYYFADYEN N V-0.06
Cash&OtherCash & Other15.32

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました