IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
個別銘柄の紹介

銘柄解説 KO:The Coca-Cola Company(コカ・コーラ)

ジョージア州アトランタに本社を置くコカ・コーラ・カンパニーは、1892年設立、200を超える国と地域でコカ・コーラをはじめとする清涼飲料水を販売している総合飲料会社です。飲料ブランドとしては、コカコーラ、スプライト、ファンタ、その他のスパークリングソフトドリンク類の他、スポーツドリンク、コーヒー、紅茶、栄養ドリンク、ジュース、乳製品等において、多岐にわたる飲料ブランドを展開しています。
同社の事業セグメント情報は地域別(北米、南米、アジア、EMEAなど)ですが、損益計算書では2種類の事業(原液の卸売と、最終製品の販売)に区分されており、収益性のより大きい原液の卸売が全体の6割程度を占めています(2020年)。同社は2020年で58年連続の増配を続けています。
同社は、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ社の投資ポートフォリオの中核銘柄の一つでもあります。
米国株:ウォーレン・バフェット氏(バークシャー・ハサウェイ)特集 保有銘柄一覧(Form-13F:毎四半期更新)
はじめに 今回より、ウォーレン・バフェット 氏(バークシャー・ハサウェイ)の特集記事を書いていきたいと思います。 同氏が伝説の「賢人」と呼ばれる背景を、紐解いていきたいと思います。 第1回目は、バークシ...

なお同社は、ダウ平均株価指数を構成する30社のうちの1社です。

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年09月25日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました