IG証券
コラム

最高値更新が続くマイクロソフト、Microsoft365/Office365(商用版)の値上げを発表

マイクロソフトの見事な株価チャート

マイクロソフトは、ひと昔前は低迷していましたが、現在はピカピカの超優良銘柄ですね。あらためて、マイクロソフトの日足チャートを見てみましょう。

先週金曜引けの日足です。(クリックで拡大できます。)

マイクロソフトの収益は2021年度に18%増加、2022年度も2桁の収益成長を予測しています。成長のコアであるAzureクラウドビジネスは直近四半期の売上高が51%増加、OfficeやTeamsのクラウドベースのソフトウェアも好調、テレワークの増加でWindows、Surfaceシリーズも好調、Xboxも堅調、LinkedInやBingの広告事業も成長中です。

したがって株価はずっと割高なままです。直近のPERで見たマイクロソフトの割高度は、以下の通りです。

GAFAMのPER比較(2021年8月20日時点、データ元はYahoo Finance)

 実績PER予想PER
アップル29.0126.14
マイクロソフト37.8130.41
アマゾン55.7547.92
アルファベット30.0326.10
フェイスブック26.6922.50

GAFAMの中でも、マイクロソフトはアマゾンに次いで割高ですね。

マイクロソフトが市場で評価されやすいもう一つのポイントは、同社が、GAFAMの中で規制当局の標的になる可能性が低い、という点です。

マイクロソフトは、以前は独占禁止法規制当局の主要なターゲット企業でしたが、現在の規制の議論ではほとんど除外されています。

目次に戻る

Microsoft365/Office365(商用版)の値上げを発表

マイクロソフトは2021年8月19日、来年2022年3月1日より商用版の「Office 365」および「Microsoft 365」のサブスクリプション料金をグローバルに値上げすると発表しました。

元データ:New pricing for Microsoft 365, August 19, 2021

「Microsoft 365 Business Basic」は月額5ドルから6ドルへ、また「Microsoft 365 Business Premium」は月額20ドルから22ドルへ値上げされます。

今回の値上げの背景について、同社は以下の様に説明しています。

  • 今回の値上げは、より大きな価値を提供できるようになったことを反映するもので、Microsoft 365を2017年にリリースして以来、「Teams」「Power Apps」「Power BI」「Power Automate」「Stream」「Planner」「Visio」「OneDrive」「Yammer」「Whiteboard」など、24種類のアプリを追加。これらアプリの中には追加費用なしに提供されているものがあり、1400以上の新機能をMicrosoft 365のサブスクリプションに追加
  • 今回の値上げは、Office 365を10年前にリリースして以来、最初の実質的な価格改定

ということで、マイクロソフトは成長が続く可能性が高い優良銘柄ですね。
個人的には、Windows10のアップデートに時間がかかりすぎるのを何とかしてほしいです。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました