IG証券
コラム

マイクロストラテジー、役員報酬を「ビットコイン払い」に変更


マイクロストラテジーが、取締役報酬をビットコインで支払う方法に変更、米国上場企業としては初の事例と、一斉に報道されています。

2021年4月11日、マイクロストラテジーが米SEC(証券取引委員会)に提出した書類(フォーム 8-K)の原文をあたってみます。

「フォーム 8-K」は、米国の株式公開企業が、財務状況や株価に影響を与える可能性のある重要事項について、米SECへの提出が義務付けられている書類です。

日本の「適時開示」に相当するものです。

今回のフォーム 8-K原文はこちら

 

On April 11, 2021, the Board of Directors (the “Board”) of MicroStrategy Incorporated (the “Company”) modified the compensation arrangements for non-employee directors. Going forward, non-employee directors will receive all fees for their service on the Company’s Board in bitcoin instead of cash. In approving bitcoin as a form of compensation for Board service, the Board cited its commitment to bitcoin given its ability to serve as a store of value, supported by a robust and public open-source architecture, untethered to sovereign monetary policy.
Under this modified arrangement, the amount of Board fees payable to non-employee directors remains unchanged and will be nominally denominated in USD. At the time of payment, the fees will be converted from USD into bitcoin by the payment processor and then deposited into the digital wallet of the applicable non-employee director.
(当サイト訳)
2021年4月11日、マイクロストラテジー社の取締役会は、専任取締役の報酬規程を修正しました。 今後、専任取締役は、取締役会での業務に対するすべての報酬を現金ではなくビットコインで受け取ります。 取締役会業務に対する報酬形態としてビットコインを承認するにあたり、取締役会は、当局の金融政策に縛られず、堅牢で公共的なオープンソースアーキテクチャに支えられた価値の保管機能を有するビットコインへのコミットメントを引証しました。
この修正規定のもとで、専任取締役に支払われる取締役報酬の総額は変更されず、名目上は米ドル建てとなります。 支払い時に、当該報酬は支払い処理業者によって米ドルからビットコインに変換され、当該取締役のデジタルウォレットに預け入れられます。
(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました