IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

株価指数の「自動売買」をMT4ではじめてみよう(8)「バックテスト」よりも「フォワードテスト」が重要

はじめに

この特集では、楽天が「株価指数のCFD」の取り扱いを「MT4」で始めたので、これに対応して、「MT4による株価指数の自動売買」の記事を書いています。

(楽天証券のCFDサービスの詳細は、こちらからどうぞ↓)

「バックテスト」よりも「フォワードテスト」が重要

「バックテスト」と「フォワードテスト」の違いは、以下の通りです。

  • バックテストとは、過去の一定期間の取引レート(ヒストリカルデータ)を使って、EAを稼動させてシミュレーションをすることをいいます。一方
  • フォワードテストとは、実際の取引レートを使って、EAを稼働させてテストすることをいいます。使う口座には、リアル口座(本番口座)とデモ口座の2種類があります。

一般にバックテストの結果が注目されますが、実はより重要なのは、フォワードテストの結果です。

最も重要な点は、「バックテストは過去の相場を使っている」ので、将来の相場のことは誰にもわからない、ということです。相場に普遍的に働く基本的な要素は別にして、EAのパフォーマンスに影響する多くの要素が過去と未来の相場では異なるはずです。

また、バックテストでは、スプレッド、スリッページ、約定力などが固定あるいは完全であることを前提にしていますが、現実の相場では、これらの変動による影響を受けます。また、サーバーの24時をまたぐスプレッドの拡大を考慮していないと、バックテストの結果が良くなることがあります。これらの点で、フォワードテストの結果がバックテストより悪くなるのは、当然です。

FXでは、EAのバックテストとして過去10年間などの長い期間のテストをしているEAを見かけますが、長すぎるバックテストにはあまり意味がないと思います。

したがって、バックテストの結果は重要ですが、さらにフォワードテストを精緻にやって、その中で細かくロジックやパラメータを調整していく運用の方が現実的ではないかと思っています。

この特集はまだ続きます。よろしくお願いいたします。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました