IG証券
コラム

イーロン・マスク氏、持株会社「X Holdings」を新設。(ツイッターのため?あるいはグループ再編?)

イーロン・マスク氏、持株会社を新設

足元のツイッター株は、以下の様に、イーロン・マスク氏の買収提案価格を下回って推移していますね。
(クリックで拡大できます。)

さて、米ブルームバーグが、マスク氏が持株会社を設立したことについて、以下の様に報道しています。

Musk Forms ‘X Holdings’ After Hints at a Parent Company for Tesla, SpaceX
Bloomberg, 2022-04-22

Elon Musk formed a trio of holding companies as part of his bid to acquire Twitter Inc., potentially giving the billionaire a path to bring all of his business ventures under a single parent.
The new companies — each with a variation of the name “X Holdings” — were formed this week in Delaware, according to records filed with the state.

この複数の新設会社は社名に「X Holdings」が付いており、ツイッターの取得手続の中で(プライベートエクイティファンド等から)資金調達のビークルとなる可能性があるほか、マスク氏が経営する全ての事業会社を傘下に持つ持株会社になる可能性もあります。

Xといえば、スペースX とテスラ車のModel-Xですね。

マスク氏が経営する全ての事業会社を傘下に持つ持株会社になる場合は、テスラに代わって将来的に上場企業になる可能性があります。Bloombergは、この持株会社を足掛かりに、マスク氏がGoogleのような巨大テック企業のグループ再編をたどる可能性に言及しています。(Googleは2015年に再編され、Alphabet Incという新しい持ち株会社を設立、上場しました。)

なおマスク氏が経営する会社には、テスラとスペースXの他に、脳インタフェース・マインドコントロール関連の「Neuralink」や、トンネル掘削関連の「Boring Co.」という未公開会社があります。
 ↓
Neuralink Webサイト

Boring Co. Webサイト

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました