IG証券
コラム

ナイキの先進的事業モデル、「デジタル・スニーカーによるメタバース進出」をおさえておこう

メタバース進出は、ナイキの将来をどう変えていくのか?

当サイトの読者の方にも、ナイキのスニーカーを愛好される方がたくさんいらっしゃると思います。

ナイキのスニーカーの中で、少量ロットで生産された名作モデルなどは、高値で転売される「投資商品」の側面を持っていますね。これは、ナイキがブランド価値においてきわめて高い優位性をもっている表れだと思います。

ナイキは、そうした高いブランド価値を利用して、将来どのような事業モデルを展開していくのでしょうか。
そのキーワードの一つが、「メタバース」です。

メタバースは、「無限に拡大可能なもう一つの地球」
インターネット上の仮想空間であるメタバースは、いずれ現在のインターネットにとって代わると予測する向きもあります。「無限に拡大可能なもう一つの地球」が突然発見された、と言って良いほどのこのタイミングに対して、先行者利益をめぐって多くのIT企業や高いブランド価値をもつ企業などが参入してきています。ナイキもそのうちの1社です。

今回の記事では、ナイキが積極的に取り組んでいるメタバース事業の分野について、まとめておきたいと思います。

目次に戻る

ナイキの3Q決算は堅調

メタバースの話の前に、ナイキの直近の決算発表について触れておきます。

ナイキは、今週の3月21日、2023年5月年度の第3四半期(12月~2月)の決算を発表しました。以下の通り、売上高・EPSともに市場予想を上回りました。

  • 3Q売上高:108.7億ドル(市場予想:105.9~106億ドル)
  • 3QEPS:87セント(市場予想:71セント)

最大の北米市場の売上高は△9%の38.8億ドル、欧州・中東・アフリカ市場も△7%の27.7億ドルと堅調だった一方で、中国市場は▼5%の21.6億ドルでした。オンライン販売は対前年比△19%で好調でした。

ナイキの年度末は「5月」で、結構珍しいです。

以下は、ナイキの2020年年初からの相対パフォーマンスを示しています。(青がナイキ、赤がダウ平均、オレンジがS&P500です。)

今回の決算発表において、同社のジョン・ドナホーCEOは、「ナイキは、(後述の)Robloxとの協業、およびRTFKTの買収を通じて、メタバースでの存在感を高め続けるだろう。」と、アナリスト向けに説明しています。
それでは、ナイキのメタバースへの取り組みについて、紹介していきます。

目次に戻る

ナイキのメタバースへの取り組み

「バーチャル・スニーカー」企業のRTFKT(アーティファクト)社を買収


RTFKT(アーティファクト)のWebサイト

ナイキは2021年12月、「バーチャル・スニーカー」を展開するRTFKT(アーティファクト)社を買収しました。

バーチャルスニーカーとは、バーチャルの世界でのみ着用できるスニーカーです。バーチャルスニーカーは、オンラインゲームなどのメタバースの世界で、ユーザーが操作するアバターに着用させるスキンのひとつで、今後大きな可能性を秘めた事業分野として注目を集めています。

バーチャルスニーカーの重要な特徴の一つは、NFT(非代替性トークン:ブロックチェーンの技術を使ってコピーを出来なくしたデジタルデータ)化されている点です。この技術によって、従来のスニーカー市場の課題だったコピー品・偽造品の問題を、デジタル上においては解決することができます。

ナイキにとって、バーチャルスニーカーのもう一つの大きなメリットは、メタバースの利用によって、実物のスニーカーを製造するコストをかけることなく、サンプルを生産してマーケティングを展開できる、という点です。

きわめて先進的な思考として、ナイキはこの分野の先駆的存在になっています。

目次に戻る

Roblox社のプラットフォーム上にブランドスペース「NIKELAND」を立ち上げ

さらにナイキは、オンライン体験プラットフォームの構築を目指すテクノロジー企業であるロブロックス社と提携して、ブランドスペース「NIKELAND」を立ち上げました。


NIKELANDのWebサイト

ロブロックスのプラットフォーム上では、ゲームのプログラミングをしたり、他のユーザーがつくったゲームをプレイできます。ナイキは、NIKELANDを利用して、顧客とナイキのブランドの間にゲームを通じて楽しく密接なつながりを築いて、顧客との関係をさらに強化しようとしています

ナイキのメタバース上の取り組みは本気で、実際の売上につなげようとしていることがわかります。

以上、ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました