IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
市況(過年度)

注文形式

米国株の売買注文をする際、国内の証券会社を利用する場合は日本語なので迷わないと思いますが、米国の証券会社を利用する場合は英語なので最初は少し戸惑うと思います。以下にまとめておきますね。

「Market」オーダー
成行注文を意味します。

「Limit」オーダー
指値注文を意味します。

「Stop」オーダー
逆指値注文を意味します。現在の価格よりも低い価格の売り注文、または現在の価格よりも高い価格の買い注文です。日本株を取引している方はよくご存知の通り、逆指値は損失を確定する(ストップロス)意味でとても大切ですね。米国の市場は、日本の市場と違って「値幅制限(ストップ高・ストップ安)」がありませんので、Stopオーダーはなおさら重要です。

「Time in force」
各注文の有効期限を意味します。種類には、GFD(Good for Day:当日立会終了まで)、GTC(Good Till Cancel:キャンセルするまで無期限に有効)、GTW(Good Till Week:今週いっぱい有効)、GTD(Good Till Date:指定日まで有効)などがあります。

Outiside RTH
証券会社によっては、通常取引時間外の注文「Outiside RTH(Outside Regular Trading Hours)」(通常はNO)をYESにする選択肢があることがあります。

(ご参考:管理人使用のInteractive BrokersのiPhone用アプリ画面)
ordersample

※その他の注文形式
なお、ご参考に、FX(外国為替証拠金取引)では、指値注文・逆指値注文に加えて、それらを組み合わせた以下のような注文形式がありますので、理解しておくと役に立つと思います。

「IFD(IF Done)」オーダー
一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。たとえば100円の買い注文が約定したら、対応する110円の売り注文が自動で発動するようなケースです。指値でも逆指値でも可能です。

「OCO(One Cancels the Other)」オーダー
一度に二つの注文を出して、一方が約定すると、片方の注文がキャンセルになる注文です。たとえば、100円の買いポジションがあるとき、110円の売り注文(利益確定)と、90円の売り注文(損失確定)を同時に発動するようなケースです。

「IFO(If done OCO)」オーダー
IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。
例えば現在の価格が100円のとき、110円になったら買い、買った後にもし120円になったら利益を確定、もし90円になったら損失を確定、という注文を全部まとめて発動するようなケースです。

「トレール」オーダー
相場が有利な方向に動いた場合に、損失確定・利益確定の水準を自動的に相場の方向に追従させてくれる注文方法です。損失の最小化、利益の最大化を図ることができます。たとえば100円の買いポジションがある場合で、トレール幅1円でトレール注文を出します。この場合買った直後には損失確定オーダーは99円に置かれますが、注文を出した後の相場が1銭切り上がるごとに(100.01円、100.02円・・・)、損失確定の水準が自動的に1銭ずつ上がっていく(99.01円、99.02円・・・)ようなケースです。



【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました