IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
個別銘柄の紹介 コラム

「米国REIT」特集(5)米国REITの上位トップ10の個別銘柄

米国REITの上位トップ10

今回は、米国REIT特集の5回目として、米国REITの上位トップ10の個別銘柄(時価総額ベース)を、順に紹介していきたいと思います。

【米国REITの上位トップ10】

ティッカー銘柄名時価総額※分配金利回り※PBR※
AMTAmerican Tower Corporation97.132.2126.03
PLDPrologis, Inc.71.882.392.24
CCICrown Castle International Corp66.423.456.99
EQIXEquinix, Inc.62.91.515.96
PSAPublic Storage40.013.58.33
DLRDigital Realty Trust, Inc.38.53.262.3
SBACSBA Communications Corp. Class A30.540.68-6.83
SPGSimon Property Group, Inc.27.696.1615.09
WELLWelltower, Inc.26.513.841.65
WYWeyerhaeuser Company25.272.512.96

※時価総額の単位は10億ドル、分配金利回りは年率の予想分配金利回り、PBRはNAV倍率の代わりに簡便的に表示しています(データ元はYahoo Finance、2020年12月25日時点)。

第2回目第4回目の記事でご紹介した通り、米国REITは、日本のREIT(J-REIT)と比較して、投資対象の範囲が多岐にわたっていますが、一方で時価総額トップ10のREITは以下のように投資対象が偏っています。

  • 無線通信インフラ:3社(AMT、CCI、SBAC)
  • データセンター:2社(EQIX、DLR)
  • 物流:1社(PLD)
  • 貸し倉庫:1社(PSA)
  • 小売アウトレットモール:1社(SPG)
  • ヘルスケア:1社(WELL)
  • 森林:1社(WY)

通信インフラとデータセンターの計5社で、トップ10合計の時価総額の約6割を占めています。

 

なお10位のWYでS&P500の251位です(2020年12月31日時点)。つまり米国REITの上位の銘柄群は、(J-REITと違って)米国株全体の中でもとても大きい会社です。

AMT:American Tower Corporation(アメリカン・タワー)

PLD:Prologis, Inc.(プロロジス)

CCI:Crown Castle International Corp(クラウンキャッスル)

PSA:Public Storage(パブリックストレージ)

DLR:Digital Realty Trust, Inc.(デジタルリアルティ)

SBAC:SBA Communications Corp. Class A(エスビーエー)

SPG:Simon Property Group, Inc.(サイモンプロパティ)

WELL:Welltower, Inc.(ウェルタワー)

WY:Weyerhaeuser Company(ウェアーハウザー)


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました